読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドリフェス!ファンミーティング01 〜応援でかなえる1stステージ〜@サイエンスホール

先月の終わりくらいにパソコンが起動しなくなりまして、やることなくてすげー暇だなと日々思ってました。そこでふとドリフェス!の存在を思い出したのです。もともとアイカツ!やオトカドールらへんの着せ替えゲームには興味はありました。が、種類が多すぎてもはやなにがなんだかよくわからなかったのと、できたら男の子で着せ替えできたらいいのになぁとぼんやり思ったまま日々が過ぎていました。
ドリフェスとのファーストコンタクトはけっこう早くて、アミューズが大規模な2.5次元プロジェクトを進めてるみたいな話が流れてた段階から気にはなってました。だけどキャスト決まった時点で盛り上がれなかったのは予想と違って完全にキャストが全員俳優系の子たちだったから。声オタなんてそんなもんなんです、、というのはまぁおいといて、そういうわけでアニメジャパンのときもじつはDearDreamのステージを見ようという流れにはなりかけたのですが、その前のツキクラがあまりにもしんどくて結局もういいやとなってしまった記憶があります。

そんなこんなでキャストにはまったく興味のないままゲームを始めたのですが、ドリフェスの素晴らしいところはアイドルにたいする思想の表れ方だと感じてます、これは大げさではなく。ほかのゲームだとプレイヤーはマネージャーなり身近なスタッフだったり、あるいはアイドルのもともとの友人であったりとか、たまたま知り合ったにしろ親密な関係になったりしていくパターンが多いと思うのですが、ドリフェスのプレイヤーは一貫してファンであり、ファンでしかないです。ストーリーはテレビ番組を見るという形で進み、あくまでわたしたちはかれらと直接交流を持つことはできないのです。そして音ゲーの部分は"行動力を消費してライヴに行く"と表現されるとんでもないリアルなセンス。
思想、という点ではこのゲームはあくまでカードを買わせるという一点に目的が集約されていて、「ゲーム内での課金要素がない」「ソーシャル要素がない」という最近のアプリゲーとしては考えられない特徴をもっています(でもドリカが発売中止になったので前者は変更になるのでしょうが……ああ悲しい……)。行動力を消費するという概念がある以上それを回復するアイテムもあるわけですが、それを購入する手段がいまのところないし、新しいカードを手に入れるには店頭でリアルガチャガチャを回すかカードダスクラブというサイトに登録してヴァーチャルガチャガチャを回すかのどっちかなのです。iTunes Storeで課金なんて概念はないのです。また、スコアが出る音ゲーというジャンルの性質上友達と競い合うみたいな要素はあっておかしくないのですが、いわゆるフレンド登録的なものもありません。この点も個人的にはアイドルと自分の一対一の関係性を象徴しているようで、より没入できるポイントです。
そしてなによりダンスが! 3Dのキャラがぬるぬる動き踊るのです。これはとにかく見てて楽しいと言わざるをえない。曲もランティスらしくキャッチーで耳に残る曲を手堅く揃えてきてるのです。これはハマるに決まってる。


そんなわけで軽い気持ちで申し込んだファンミーティング。そもそもわたしは2.5次元とか若手イケメン俳優そしてそのファン(もちろん全部ではないにしろ、、)が大の苦手なのです。案の定この日も後ろで若い俳優おたくがいちいち開演中もべらべら喋ってて控えめに言って殺意が湧きました。。
しかし、そんなことはさておきこの日わたしは『2.5次元』という概念をはじめて少しだけ理解できたような気がするのです。いわゆる2.5次元、つまりもともと存在しているアニメや漫画を舞台化したものとは違い、ドリフェスのキャストたるDearDreamはドリフェスという作品とスタートラインが同じなのです。つまり、「もとからある作品をいかに再現するか」という視点が存在せず、(実際どっちが先かはわかんないのですが)役に合わせて5人が用意されたとも5人に合わせて役が用意されたとも言えない、渾然一体とした印象を受けたのです。その最大の理由はたぶん、これは個人的にはめちゃくちゃ衝撃的だったのですが、かれらは素の喋りがゲーム内でのキャラの喋りとほぼ同じなのです。いや、もちろんまったく演技をしていないわけではないんですが、声優がキャラクターを演じるとき、そこには当然声色自体や喋り方、喋るスピードなど耳に聞こえる要素の変化が強調されます。けれどかれらはそれとは違い、あくまで舞台上で演じる人間たちなのであって、役に合わせて声を作り込むというのは当たり前のことではないのだという驚きがありました。ドリフェスのゲーム内でのセリフは言葉を選ばずに言えば全員くっっっそ下手くそなんですけど、それはこういうことだったのかとなんとなく納得。そして、それによってキャラとキャストが同じ地平に立っているからこそ、よくある「役と演者を同一視するなよ問題」みたいなのから解放されている作品なんじゃないかと思ったりもしました(でも、これは今後5人のそれぞれの活動が活発化してきたら噴出してしまう気もするのですが)。開演や終演の瞬間だったりライヴパートに入るとこだったりでゲームと同じ演出が入るのもまた憎くて、すごく不思議な気持ちにさせられました。
いや! そんなことはどうでもいいんだこんなお勉強野郎の真似ごとをいつまでも書き連ねるつもりはなかった。とにかく5人が歌い踊る姿を見て、あぁ、わたし最近アイドル嫌いだと思ってたけど、やっぱアイドル大好きじゃん、、、と忘れかけてた気持ちを取り戻せたのです!!!!! 曲自体とてもキラキラしたアイドルポップスばかりってこともあるのですが、とにかく出てきたばかりのアイドル特有のこれから上に行くぞという気合いと若い男の子の眩しさとがあいまってなんかもう、、、ひとの顔と名前がいつまでも一致しないことでおなじみのわたしが終わったあと一瞬にして5人の顔と名前と年齢把握してたからな!!!!! あと思ってたよりもずっとガツガツ踊るんですよこの子たち。歌はまだメンバーによってムラがあるのですが、生歌で必死にがんばってるのも好印象でした。フォーメーションがわりと入れ替わるのも好き! あと思いのほかフリコピも楽しめる感じなのもポイント高い! というか最年長+真ん中3人+スター性のある最年少センターってこの構成どこかで……もしや東京女子流!? いや、すみません……言いたかっただけです……。
5人ともポスター等で見たヴィジュアルと全然違うというか実物はめちゃくちゃかっこよくてびっくりしました! とくにセンターの壮馬くんは顔もいちばん整ってるし、ほんとにオーラ半端ない!! たくや様は梅原裕一郎窪田正孝を混ぜましたみたいな美形なうえにちょいちょい天然自分上げ入れてきてしかもそれが嫌味ないのが素敵で王子だし、かおるくんはまずチヅのあのまんまだったのが良くも悪くも衝撃受けたし、富田くんは絶妙な空回り感含め笑、しっかりリーダー感あって。しかしやっぱりわたしがずきゅんとやられてしまったのは将熙くん。これは5人ともそうなんだけどとくに客席をよく見てくれるし、いじられキャラ?と見せかけてダンスは激しくてオスっぽさあって♡ NEW STAR EVOLUTIONの間奏で将熙くんが真ん中で指をくいくいっとする振り付けがあるのですがそれが強烈にわたしは、、、、ああ、、、、、、、『漏れ、DearDream専ヲタになるわ。みんな、いままでありがとな。』って気分ですよ。。。。あとゲームがふつうに上手くてそれもびっくり。
いやーもう一度書くけど、やっぱりわたしは歌って踊るキラキラしたアイドルが好きなんだなってあらためて実感できたイベントでした! ドリカ発売中止でドリフェス終わったwwwとか言われてそうな気もするこの時期に、こんな熱いイベントに参加できてほんとによかったし、まさかこんなにDearDreamのこと好きになってるなんて自分でも思ってもみなかったけど5人が上に行くところを見届けたいなっていまは心から思ってます! あーーー次の現場どこだーーーーー!!!!!!

ツキウタガールズライブ 2016 in 横浜@横浜ベイホール

ほんとはトライセラ見に行くはずだったのですが、急遽こんなのあるよーと教えていただいて行ってきました。ほぼいちばん後ろで見ていたので、ベイホールだし柱邪魔になるかな〜と少し懸念したのですが、両側に大きなモニターがあってあまりストレス感じずに見ることができました。角度的に端が見えなかったので、ところどころで演者が視界から消えてしまう瞬間はあったのですが、モニターになにをやってるか映し出されてるというだけでこんなに違うものなんだなと……。
女の声優さんには全然詳しくないのですが、みなさんとてもパフォーマンスが安定しているんだなぁと新鮮な驚きでした。もちろんそれぞれに出来不出来はあるんだと思うのですが、極端に見劣りするひとというのがいなくて。といってもこれはシリーズの特性上そういうひとをキャスティングしてるのかもしれないのですが、男性陣も上手いひとが多いし。とはいえMCになった瞬間のゆる〜い感じ、言ってしまえば収拾のつかなさにはまたべつの意味でびっくりしましたが笑
あと、これはガールズならではかなと思ったのがみなさん衣装が凝っていて! それぞれのキャラをイメージした衣装や髪型を見ているだけでも楽しかったです。大久保さんのシュシュかわいかった〜。けっこう女性客が多くてびっくりしたのですが、そういうとこも関係してるのかも。
金元さんの曲ではオーイングが起きていて一気にホーム感を覚えたような、逆にここには混ざれない!と思ったような笑 さつきがてんこもり氏の曲は速くて言葉が詰め込まれてるので大変そうだなぁとか思ったり。今井さんはさすがの貫禄で! ひとりだけ声量が段違いでかっこよかったです。扇子をひらひら翻して廻るのも素敵でしたー。MAKOさんはもうとにかくかわいすぎてかわいすぎて♡ あれは同性でも惚れる〜ってなりました……。歌声もとてもかわいくて、でも曲は一見甘い砂糖菓子と思わせて実は芯の強い感じも隠されている気がしてよかったです。どの曲もよかったんだけど、やっぱり2月と9月がとくに好みだった。大久保さんはとても明るく楽しくて、圧倒的な陽のエネルギーを感じました。
石上さんは実は見るの初めてじゃなくてこの前の小林裕介生誕祭でいちど間近で見たのですが、そのときはわりと大人の女〜な印象だったのが今回はがらりと違って驚き。色が青なのもあって、なんとなく娘。の石田がダブって見えてしかたなかったです笑 大坪さんはあんなゆかいなひとだなんてまったく知らなかった!! 曲もそのままお祭りパーティチューンかと思いきや、新曲のほうはちょっと厨二病入った闇堕ち系の曲でそこもまた衝撃だったり。福原さんはダンスのキレがすごい……! バックについてたダンサーさんとのシンクロも半端なかったし、喋ってるときのやわらかでちょっと不思議な感じからは想像もつかない歌声のエモーショナルさ……! そしてなにより曲がほんと素晴らしいんですあー。9月っていうセンチメンタルな季節にじょんをあてがったセンス……ありがとうムービックもう足向けて眠れない。
一週間近く経ってもまだまだ楽しかったなぁとしみじみ思えるような余韻のある良い現場でした。迷ったけど行ってよかった! 惜しむらくは今回7人だったので、やっぱり全員揃ったライヴが見てみたいなーなんて思っちゃいました。アンコールでみんなで盛り上がれるユニット曲とかあってもいいなぁと思うし。でもそれはきっとこれからどんどん展開されていくんだろうなと逆に楽しみでもあります。あとはこれもやっぱり、忙しいキャストが多いから難しいんだろうなとは考えつつも男子でもこんな感じのライヴが見たい……!

ハロプロ研修生 発表会2016 ~春の公開実力診断テスト~@中野サンプラザ

なんだかんだ毎年行って毎年真面目にブログを書いてるのがうけるよな。というわけで今年も行ってまいりました。わたしが行くハロ現場はだいたい年に3つくらいなんですが、そのうち2つがこれと佳林ちゃんのバースデーイベなんです。何者だよ。それではざざっと雑感など。

続きを読む

2015

もう現場日記を放置しすぎていまさらすぎるのですがせめてもの2015年まとめ。。ほら、わたし、ゆるおただから。。。

続きを読む

羽多野渉『Hatano Wataru Live 2016 ”Synchronicity”』@川崎クラブチッタ

前回のリリイベですっかりテンションが爆上がりしてしまい、その勢いのままワンマンも昼夜行ってきました。振り返ってみると声優の個人名義のライヴって頻度的にはコンスタントに行ってるものの、実は宮野さん、おるどこ、寺島たっくまん、キラフェスくらいでそんなにいろんなひとを見てるわけでもないので(男性声優の場合作品のライヴとかが多いってのもあるし)、そういう点でも楽しみにしてました。
もともとチッタってそれなりに見やすい箱だと思いますが、圧縮があるような現場でもないので多少なら荷物持って入っても問題ないくらいゆったりしていたし、今回とくに昼夜ともいい場所で見られたのもあってとても見やすかったです。強く感じたのは、良くも悪くもこれはまさしく"声優のライヴ"なんだなあということ。本人も「"声優"羽多野渉として」と何度も言ってますし、MCも多くて全体的に気負いすぎずゆる〜い温度感でした。いまさらすぎますけど声優だからキャラソン歌うこともあるんだよな……とかも思ったし。
一方で演出はダンサーがついたりピンスポレーザーや炎、布のスクリーンに歌詞を投影したりなどこれ赤字なんじゃ……と思うエイベクオリティで(ライヴハウスで炎出すの初めて見た……)、歌も生でよくこんなに歌えるなーと思うくらい安定してるので、学芸会的なクオリティでは全然なくてそのギャップがちょっとおもしろかったです。Synchronicのレーザーの檻のなかに囚われていて、途中でぱん!と解放されて踊り出す演出がかっこよすぎでした! わたるくんのダンスはゆるかったけど……。
あらためて振り返ってみると、わたるくんはなんでも受け入れてくれるひとなんだなーというのが正直な感想。ファンは本人に似るってよく言いますけど、まさしくそのとおりで客層はアニメが好きだから声優が好きで、アニメの要素を感じられるのを期待して来る……みたいな、オールドスクール声優おたくという感じのひとが多いような気がしました。声豚の悪癖のひとつ「お水おいしいー?」も当然多発してましたがわたるくんはそれにたいしていちいちお水おいしいです、と丁寧に答えてるのが印象的でした。いままで自分が見てきてるのが我が強いひとたちだからかもしれませんが、わたるくんはおたくの発言も拒絶しないで一回とにかく受け入れてくれる、しかもそれを自然にしているのが新鮮でした。だからといって客席がギスギスした無法地帯になるわけでもなく、なんか独特の穏やかな雰囲気ありました。
ふだんさんざん書いてるようにわたしはわりと男性声優界という箱庭が好きじゃなくて、そこをぶち壊すようなライヴを見たいと思ってるとこがあるんですが、わたるくんにかんしては本人のやりたいこととおたくの求めてるものが噛み合ってるので、自分の好みとは違うけどこれはこれで幸せな空間なのかなと思いました。こう書くとつまんなかったみたいに見えるけど、実際とても楽しかったし。こんな外野でも受け入れてくれるわたるくんの包容力に乾杯。いや、まあなんだかんだ書いたけど結局はレスくれるイケメン最強っていう結論に、、、
とりあえずバースデーフリーライヴたのしみだなー*\(^o^)/*

宮野真守『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015-16 〜GENERATING!〜』@日本武道館

あいかわらず東京しか行かないおたくなのですがそのぶんすごく楽しみにしてました。以下つらつらと。。。

続きを読む

『ミリオンドール』Blu-ray発売記念大感謝祭!!@一ツ橋ホール

すっかり現場日記を書くことをやめてしまったのですが今回ばかりはこの熱量をどこかに記しておきたいなと思い、ひさしぶりに書いてみることにします。とはいえなにから書いたらいいのやら。

わたしがミリオンドールのイベントに行ったのは第0回の昼夜だけで、あとは平日ばかりで全然行けなかったのでミリオンドール現場おたく(なんだそれは)としては全然ダメなのですが、それゆえにひさしぶりかつ最後の?イベントってことでとても楽しみにしてました。それだけに最初に演者のみなさんがずらっと並んだときには、前回いなかった内田彩ちゃんやすう子会の酒井さん・リュウサン軍団の町田さんがいたということもあってやっとみんな勢揃いしたなあと感慨深かったです。欲を言えばリュウサン軍団みんないてほしかったけどね!!笑 いやべつにいいか笑
わたしはこの作品のキャラではだんとつリュウサンが好きで、なおかつ裕一郎さんが好きなんですが(いちおう言っとくけどリュウサンが先だからね! ていうかだから最初は裕一郎さんがリュウサンて知ったときすーごく嫌で抵抗感あったんですよね、という余談。いまでは裕一郎さん以外のリュウサンなんて考えられないなーと思うけど)、このオープニングの時点でどうしてもひとりの女の子に目が奪われてしまってました。それはりなちゃん役の飯塚麻結ちゃん! もともとわたしは女性アイドルのおたくだったしミリオンドールもその流れで知ったんですが、この2年くらいで男性声優の楽曲派になったりキスマイにはまったりあと好きだった子が引退したりしたので、もう女の子なんか興味ない!みたいな気分にずっとなってました。しかし! ほんとうにひさしぶりにいま女の子に対してエナジーを感じてます……! 第0回のときは全然なんとも思わなかったのにびっくり。
さて最初のコーナーはすう子会とイトリオによるおたく語講座。このパートは若干流れがぐだってたかな?と感じる部分もありましたが、出てきた単語のチョイスが絶妙でした笑 まゆちゃんの好きなおたく語が彼氏面って……!(お気づきのとおりこの時点ですでにまゆちゃんかわいすぎて心奪われてます……いや、ほんとちょっとしたしぐさや喋り方のひとつひとつがアイドルすぎてかわいいんだ……) 重課金てアイドル用語じゃなくない?と思いましたがよく考えたらこれアニメのイベントだしなんならみゅーずとアイマス声優が何人もいるのでした……。あんまステージが客席と会話するのは好きではないんですが、重課金のくだりのやりとりはおたくにセンスがありすぎて思わず吹き出しました笑
その次はおしえてリュウサンのコーナー。裕一郎さんはほかの演者のみなさんと違ってまったくおたく気質じゃないのでいったいどうやって質問に答えるのだろう……?と内心ひやひやしてたのですが、いやあかっこよかったです、、笑 カリスマ感出てた! ツーチェキのポーズは時事ネタで乗り切るってのがリアルなおたく感出ててうけました。つーかわたしもツーチェキ撮りたいよー! 話がそれました。途中からは美来ちゃんと彩ちゃんも出てきてひなみ、マリ子、リュウサンの小芝居もありつつ笑、贔屓目かもですが満足度の高いコーナーでした。現場おたくに定年はないらしいのでがんばりますね。。泣
いったん休憩をはさみつつライヴパートへ。ずーっと2時間トークだけのイベントとかだと正直だれちゃうこともあるんですけど、歌が入ることによって一気に気持ちも切り換わるのでこういうのは素直にアイドルものの強みだなあとか思いました。今回いちばん楽しみにしてたひなみちゃんの曲がいきなりトップバッター。彩ちゃんは演じるひなみちゃんそのままにどこか別の次元にいるみたいな独特の雰囲気があってすてきでした。ひなみちゃんめっちゃ地上じゃん〜とか思ってたらその次のTake you to My PARTY!!は一気に動物園ぽくなって笑ったよね〜いやでもそういうとこ好きだよ。。美来ちゃんはほんとにしっかりしててかっこよくて、あらためてマリ子はめちゃくちゃはまり役だなあと思ったのでした。キャストが決まるまでマリ子は勝手にずっと寺嶋由芙ちゃんのイメージで読んでいたのだけど、最初のイベントで歌ってるとこを見て以来もう美来ちゃんめっちゃマリ子だな!って思っちゃいます。
イトリオのあまおうの曲も実際に見られるのを楽しみにしてた曲! なにせわたししれっとAIEAにこの曲投票してるからね笑 ここでもまゆちゃんがかわいくてかわいくて叫び出しそうになりました。いちごの髪飾りに巻きツインとか完璧すぎる!! 細胞プロミネンスも高まった〜やっぱebaさんの曲はどれもツボだなあってしみじみ。ていうかマリ子の曲は2曲とも沸かざるを得ない曲調なのがなにげに原作に忠実なのでは?っていう……。
Dreamin×Dreamin!!もものすごく盛り上がったのだけど、ラストのすう子の光る海のまんなかではうってかわってみんな静まり返って聴き入っていて、楠田さんも歌い終わったあとに「すう子は在宅だからみんなを煽るようなのは違うかなって」と言っていて、ああみんな空気読めてる……!って思いました。空気読めてるていうのは変な表現かもしれないけど。2番の歌詞はちょっと、その引退してしまった子のことを思い出してしまったりもしたし、なかなかにくるものがありました。ライヴはほんとにどの曲も楽しかったなーみんなちゃんと生で歌ってるのが息づかいとかで伝わってきて、それでいてしっかりした歌声でああー女の声優さんって歌上手いんだなあ……?ってちょっとびっくりしました。
その後抽選会を経てエンディングへ。酒井さんと町田さんはJTBだからほかのキャストとも和気あいあいと絡んでいて、それがなんか新鮮な感じでした。前回は女性陣にひとりおいてきぼりにされる裕一郎さんていう感じだったので笑 くうにゃん役の荒川さんもいつのまにかすごく場慣れしていて! 最初のイベントからたった7ヶ月だけど、濃い時間だったんじゃないかなあと感じました。


正直わたしはもともとこの作品が好きで、勝手に感情移入してるからこうやってイベントも参加してるけど、アニメからミリオンドールを知ったたくさんのひとたちにとっては問題点ばかりが話題になりがちで、ああまた安易なアイドルものねって思ってるひともたくさんいるんだろうなと思うんです。5分アニメだし。実際どうなの?って思う部分もあったし(3Dとかさ……!)。
でもねだからこそかもしれないけど、客席からは予想以上に熱気というかエネルギーを感じた気がしました。わたしは真面目なおたくじゃないからうまく伝えられないけど、ほんとうに楽しかったんですとてもとても。でもまだまだアニメになってない、単行本になってないところの物語はさらに面白いと思うし、というかいま連載再開してりなちゃんが……!!ていう手に汗握る展開になってるし、そこが伝わってほしいというかこのままクソアニメって思われて終わっていくの悲しいなあ、と思うんです。というか単純にわたしが続きを見たいというのもあるし……!
おたくにできることってけっこう少なくて、もちろんお金を落とすことが第一なんだけど、富豪じゃないからひとりで何百枚も円盤買えないし、ってなったときにわたしはこの作品を愛してます、この作品はこういうところが良いんです、って伝えていくことってお金を落とすことと同じくらい重要なんじゃないかなあと思っていて。だからあえて言いたい、きょう来なかったおたくもったいないよ!って笑
真面目な話、わたしはずっと既存のアイドルもののおたくの中途半端なステロタイプさ、リアルじゃなさにコレジャナイ感を覚えていて、それにおたくってもっといろんなのがいるよね、みたいに思っていて。だからミリオンドールはアイドルじゃなくてアイドルオタクを主役として描いたのがすごくいいなと思ったんです。アイドルものでおたくの行動に対してあーわかるわかるこれってこれだよね、みたいにはじめて感じたというか。そのへんは前にもちらっと書いたんですが→http://d.hatena.ne.jp/ilikebetty/20150624
だからこそこれがアニメになるっていうのはどうなんだろう? どうするんだろう? と思ってたんですけど、まあ作画とかはさておきね笑、こっちが思ってた以上に演者のみなさんが作品やキャラクターを愛してくれてるように感じて、だからきょうのイベントも結果的にこんなに楽しかったのかなあと思います。きっとわたしたちの計り知れないところではいろいろあったと思うんだけどね。でもやっぱり終わるのさみしいなって思うし、この夢から醒めたくなくて、またいつか、夢の続きをまた見たいなってわたしは思ってます。
とりあえずまゆちゃんで始まりたい!!!(結局そこ)