読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロプロ演劇女子部『僕ら可憐な少年合唱団』@池袋シアターグリーンBox in Box

theatre hello

アニーローリー編。偶然こっちだったのですが、田辺室田山木大浦と完全に自分得のメンツ。室田と山木がメインの回がいいなーと思ってたので嬉しかったです。
最初は女の子が少年の役をやるということについてどうかと思っていたのですが、この舞台に関しては"少年の役をやっている女の子"を演じるというストーリー上の合理性があって納得できました(こうやって文字にすると多少メタ的でもありますね)。ふだん演劇を観に行くことがほとんどないので他と比べてどうこうと言うことはできないのですが、無駄なくコンパクトにまとまっており、大きな話の破綻もなくテンポよく進んでいくので楽しめました。キャラクターもおそらく当て書きされており、それぞれの個性がよく生かされていました。
浜浦の顔がちっちゃすぎてビビりました。スタイルよすぎ。スクールカースト上位感が半端ない。山木はダンスのキレこそ田辺室田に劣るものの、声量や演技面では遜色なく素人感のなさがすごかったです。ななみんは言ってもベテランだしまあこんなもんかなという感じ。室田は個人的に最高でしたね笑 圭ちゃんとか小川が出てきたときに室田山木が失笑する演技が素晴らしすぎました笑
というか圭ちゃんかわいかったよ!! あとさすがに歌上手いですね。いいものを聴かせてもらいました。そして大浦ちゃん! へろへろちゃん! 大浦演じるジュリアンは「引っ込み思案だけどいつもピンチを救う」と劇中で描写されていますが、まさにそれにあてはまるような、彼女が起点になって他のキャストにも波及していくような演技だったと感じました。アニーローリー組4人で新ユニット組んでくれないかなー! あんまり期待してなかったというのもありますが、もう一回入ろうかなと思うくらい楽しかった!