読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRICERATOPS@Zepp Divercity

ツアーファイナルー!!! そしてデビュー17周年記念日おめでとうー!!!!
ということでちょっと興奮しすぎてなにがなんやら記憶飛びまくりなのですが……覚えてる範囲で……笑
ちなみに初日の現場日記はこっち→
TRICERATOPS@横浜Bay Hall - グッバイイエスタデイ



THE CAPTAIN
Milk
Neo Neo Mods
・「うおー! ついに来たぜ東京ー! みなさん盛り上がってますかー? みんなの本気見せてくれー! 俺たちも本気でいきます!」
・「次は2曲連続で、新曲を。次のアルバムに入る曲です。踊ってください」
Flash
僕はゴースト
vine
going to the moon
・「次は新曲です。さっきの2曲はだいぶロックっていうかダークな感じだったけど、次の曲はスウィート。ロマンティック。だからみんなの心のなかにあるロマンティックの扉を開けて……そしたらこっちのスウィートとみんなのスウィートが響き合うから。スウィートなのなんてチッと思ってる男性諸君! おとこー! \ウォー!/ おとこー! \ウォー!/ きみたちこそロマンティックの扉を開けてくれ! 女の子ー! \ウォー!/ 女の子ー! \ウォー!/ きみたちはもうそのまんまで大丈夫。充分ロマンティックだから。じゃあ踊ってくれ」(本当はこんなにまとまってなくてもっと支離滅裂で唱くんなに言ってんだって感じ笑)
pumpkin
・初日よりもこなれてきてよりスウィートに感じたなぁ。Bメロのファルセットめちゃくちゃきれい!

・このあたりで唱くんがスーツのジャケットを脱ぐ。ストライプのシャツでベージュ?のパンツ。これがか、か、かっこいい。林は本編のあいだずーっとスーツフル装備だった。すごいな。ちなみによしふみは最初から半袖シャツ。
・よしふみが前に出てきて客席に降りる。そしてステージに戻ってきて上手下手回って元の場所に戻ってくる。
・唱くん「みんなよしふみ見えてるー!? 地方のちっちゃい箱だとステージが低くて、しかもドラムの下の台もなかったりするから、最前のひとしかよしふみ見えないっていう」よしふみ「ソールドアウトなのに出てみたら一列しか見えない笑」唱くん「だからいつもはちゃんとよしふみいるよ? ちゃんと叩いてるよ? っていうのをアピールするためによしふみが出てくるんだけど。でも今日はわりとみんなよしふみ見えてるから、だからさっき出てきたとき、若干みんなあれ? なんでこのひと前に出てきたんだろ? みたいな雰囲気に」
・よしふみ「おまえら俺が前に出てきたときなにキョトンとしてんだよっ! おまえら誰のライヴ見に来てんだよっ!! 吉田佳史だぞっ!!!!!!」
・よしふみもう一度前に出てくる。客大歓声。ドラムセットに戻ったよしふみ「すみませんねこんなのに付き合わせちゃって笑」
・今日林全っ然喋んねえ!!!!笑
・ここで鍵盤登場。唱くん「みんなこれは見えるー? \見えなーい!/ まじか、見えないか……ちょ、ちょっと前のほうのひと中腰になってもらえる? あキツいひとは無理しないで笑 見えたー? じゃあこのイメージを、ちょっと眼に焼きつけといてもらって」
Happy Saddy Mountain
・「これ買ったんですよ。まあ僕ももう38歳ですから……やっぱ大人のミュージシャンってのは、こう……(鍵盤を弾き出す)♪そうさ……違う、♪全部はしゃいじゃえはしゃいじゃえ……なんだっけ……♪悲しみは……あれ? 続けて歌わないと歌詞ってわかんなくなるね!? ラララララ……で、この最後のとこ、(続けて演奏する)」このときの林の視線の優しさったら!!
・初日も最後のとこもう一回やってたけど結局もう一回やるんだね!!!笑 まじマイペースすぎるよ唱くん。でもそんな勝手に鍵盤を弾き出す唱くんを諌めるわけでもなく乗っかるわけでもなく、あたたかく優しくなにも言わずにするっと演奏に加わってくる林とよしふみの懐の広さな。
・「まあそういう感じ? 大人のミュージシャンっていうのはこうピアノを、いやいつもはギター弾いてていいんだよ、でもなんかこう、ピアノじゃないと合わない曲ってあるじゃん? たとえば……(lady madonnaを歌い出す)とかとかー。ちょっと調子に乗ってもう一曲やっていい?笑(the long and winding loadを歌い出す)」
・「で、で、要は僕たちの曲でも、鍵盤でやったほうがいいんじゃないか? って曲があって。まあもう季節は7月、すごく暑いですけど、そんななか真冬の曲をやりますよ。あこれもすごくロマンティックな曲なんで、扉開いちゃってください」
Finally

・「はいー。じゃあここからはギターに持ち替えて。ところで僕最近あるひとにギター教えてるんですよ。知ってる? みんなぷっすま見てくれてる?笑 課題曲を弾けるようになったら、そのあるひとと一緒に演奏しようってことになってて。で、そのあるひとはいまかなりいいところまできてて。そのひとが今日、この会場に来てくれてます。じゃあ呼んじゃおうかな……草彅剛くんー!」
・!!!!!??????!?!???????!????!!!!!!!?????????!!!?
・センターに現れたつよぽんTRICERATOPSのファンのみなさんこんにちは、草彅剛です」
・!!!!!????!?!?!??????!?!???????!?!!!!!!!!!???????????????!!!!!!!????????!!!!!!!?
・ほ、本物のSMAPさんがゼップダイバーシティに降臨してる……、、、、、、!!!!!!!!!!!!! ていうかダイナソーの桜井さんといい唱くんの謎人脈まじでなんなの? どこでその人脈得てくるの?笑
つよぽん「僕ステージの上でギター弾くの初めてなんですよ」よしふみ「バンドマンとしては初めてなんだ」つよぽん「そうなんです」唱くん「もう剛くんは大先輩だし、ステージに立つってことでは百戦錬磨だけど、でもこうやってバンドとしては初めてなんだ」
つよぽん「和田さんがSMAPに書いてくれた、ココカラという曲を課題曲としてやらせてもらうことになって」唱くん「そう。俺はもう、歌に集中するから。ギターは基本剛くんにまかせて。あと、剛くんの見せ場も作ってあるので」
つよぽん「うわー緊張するー!」唱くん「ちゃんとこう、指に圧をかけてね」
・唱くん「じゃあ剛くんカウントお願いします」カウントするときちゃんと唱くんが視線合わせてあげてる感じがよかったなー。
ココカラ
・ワンハーフで一番は唱くんと林が歌う。一番の間はかなり緊張してたようでつよぽんギターに必死。そのあとつよぽんリズムギターソロ。そっからつよぽんソロで落ちサビ。でまた最後のサビは唱くん。
・緊張してたのか見せ場のソロで歌もギターもカミカミというか笑、ちょっと拙かったつよぽんつよぽん「うわあ〜俺リズムソロちょっと失敗しちゃった笑」唱くん「じゃもう一回やる? もう一回やろうよ」出たマイペース唱くん!!!! でもありがとう最高!!!!!!!
・唱くん「じゃあ剛くんのソロのところだけもう一回やろうか」つよぽん「あとで編集して放送ではうまいことしてもらおう」唱くん「じゃ編集しやすいように笑 このへんからやろっか、♪抱きしめたいなぁ〜(本当にぬるっと演奏始まる)」
・まあ唱くんの性格的にそのまま最後まで全部演奏するよねっていう。一回目は歌詞も自信なさげで聞き取れなかったけど、二回目はつよぽんちゃんと歌も演奏もしっかりしていてさすがだなーと思いました。
・あとこの曲は何気に最後唱くんの口笛が入るのが良い!! トライセラでぜひともセルフカバーしてほしいなぁ……
つよぽん「うわあ〜すごい難しい!! 放送ではうまいこと差し替えてもらおう〜。和田さんはすごいなあ〜。だって指とか一番緊張が出るところじゃん」唱くん「でも、でも俺も指びちゃびちゃだから。ほら!(つよぽんに手のひらを見せる)」つよぽん「いや〜和田さん天才だよ〜!!」唱くん「いやいやいや笑」
・唱くん「せっかくだからもう一曲やろうよ!」つよぽん「じゃあ僕、ギター始めて一年になるんですけど、最初に覚えた井上陽水さんの『夢の中へ』をやりたいと思います。みなさん一緒に歌ってください!」
夢の中へ
・これもつよぽんカウントでスタート。基本つよぽんヴォーカルで唱くんと林が最初のサビ以降コーラス。ココカラもだけど、全体的につよぽんが変に浮いたりせず、ゲストなんだけどちゃんとトライセラのなかに馴染んでる感じがしてよかったです。
・終わったあと前に出てきて、そのあと上手下手と回る4人。唱くんがつよぽんの肩にナチュラルに肘置いててあんたすげえよ!!って思ったよね……国民的アイドルの肩を肘置きにできる男、マジアイドル。
つよぽん「なんかTRICERATOPSのライヴを邪魔しちゃうんじゃないかと思ったんですけど、みなさんあたたかく迎えてくれてありがとうございました!」唱くん「剛くんに盛大な拍手を! みんな放送楽しみにしててね!」

・「次の曲はイントロ鳴った瞬間うおー!!ってなってほしい。よっしゃきたー!みたいな。やっぱギタリストとしてはさ、イントロ鳴ってうおー!ってなるのは憧れだよね。あとさぁ、それまで棒立ちなのにサビになった瞬間こうやるの(腕を上げる)とかさ、なんだよそれってなるよね。それまでの部分がかわいそうじゃん。俺たちは、曲は全部で曲だから、もう全部盛り上がってほしいわけ。曲全部、俺の好きな曲きたー! あたしこの曲めっちゃ好き!みたいな感じで。だからサビは、もう一速上がる感じで笑」
・「あとね、次の曲はねえ、ディスコっていうか、ミラーボールが回ってるイメージなの。だからもうサビにきたら、こう(両腕を上げて変なポーズ)もうこういう(謎のスローモーション)感じで。もうこう、こういう(変なポーズを繰り返す)」
・「まあこんだけ言っといて次の曲新曲なんですけどね笑 だからここにいるほとんどのひとが知らないっていう笑 でも本当に顔的な曲にしたくて。だからシングル? いまシングルってある? あったりなかったりか。でもビデオは作りたいなーと思ってる。それくらい、だから一年後のこの曲はもううおー好きな曲きたー!ってイメージだよね。だからみなさん今日はそれを、先取りで」
・「ただ、この曲はそんな明るい曲じゃないっていうか。パーティーソングでうおー!みたいなのはそんなの当たり前じゃん。じゃなくて、もっとシリアスっていうか、せつない感じ? なんかテレビとかさ、あとネットとか見てても、暗いニュースばっかりじゃん。でその裏側とか調べてたら夜中になってたりとか。俺よくやっちゃうんだけど笑」
・「あとさ、新曲なのに申し訳ないんだけど、みんなに歌ってほしいとこがあんのね笑 まぁでもみんな勘がいいから伝わるよね。俺が歌って、(顔をマイクの横に突き出す)ってやったらそこでお願いします。基本追っかけだから」
・まあこのときの唱くんが長々と喋る喋る!!!笑 でもそんだけスターライトスターライト自信あるんだろうなぁーと思いましたね……。
スターライト スターライト
・初日はコール&レスポンスも戸惑い気味だったけど今日はもう完璧だった! そしてやっぱりこの曲めっちゃかっこいい……。
FLY AWAY
・これのイントロくらいで上手端に立って横向いてる唱くんの姿が本当に神々しかった。スターだなってこのときばかりは思ってしまった!
林とよしふみのセッション
Silly Scandals
Raspberry
・初日はラズベリーなかったから嬉しい!!!! これがデビュー曲ってほんとすごいなーとあらためて。唱くんのソングライティングって実際すごい職業作家的なんじゃないかなあと思うときあるから、もっとアイドルにも書いてくれたりしないかなーという願望……。というかキスマイさんにも詞だけじゃなく曲も! 書いてほしい! とか言ってみたりして……。
夜のStranger

アンコール
・唱くんなにやら紙を右手に持って現れる。「うわー! 今日17年目だよ! 忘れてたー!」17周年だから18年目だよね。笑
・「今日来てくれない……今日来てくr(噛んで言えない)笑、今日来れなかったみんなもツアーを一緒につくってくれてありがとう。もちろん今日来てくれてるみんなは本当にありがとう! ツアーって本当に重労働だなと思うこともあったんだよ笑 でもこうやって一本一本を大事にやっていくことが大切だなって思った。だからまたすぐ次のツアーをやります! 11月から……最後は12月10日赤坂ブリッツで。出るときにフライヤー配るみたいだから、詳細はそれで見て!笑」
・「あとは……アルバム出します! まあ本格的な作業はこれからなんだけど。でもこうやってツアーを回って、あっここはこうしたらいいなあっていうのが見えてきたから、すぐやります。休まないからね。今日終わっても俺たち休まないから」
・「それでも今日初めて来たってひともいるよね。どれくらいいる? 遠慮しないでもっと手上げて! イェー。一度来てくれたらもうみんなファミリーだから。そして昔からずっと支えてくれてるひとたちとの関係って、いいもんだよね」
・「剛くんもありがとうー!(楽屋の方向に向かって)きっと剛くんも裏で聴いてくれてることでしょう。剛くんにもう一度盛大な拍手を!」唱くんいいひとすぎる!!!
・唱くん「なんか物販の説明とかいるかな?」林「いまめっちゃいい感じで締まったからいいんじゃない?」唱くん「この流れでTシャツ買ってくださいとか言われてもウザいよね。結局言っちゃったけど笑 ちなみに林が着てるTシャツは林が描いたやつです」林「トートバッグもあります。結局言ってるけど笑」唱くんの隣にいたよしふみが「林腕持ってるね〜」的な感じで唱くんに向かって腕をとんとんしてた笑 唱くん「ちなみによしふみが着てるのはいつものやつ。俺が着てるのは僕はゴーストにちなんでゴーストです。iPhoneケースもあります」
・3人で唱くんのマイクの前に立つ。林がめっちゃ苦しそうな顔を作って「あ〜(超高音)」とかやる笑
・「さっきビートルズちょっとだけしかやんなかったから。涙の乗車券、ticket to rideっていう曲の……B面の曲を笑 これはけっこう通っていうか、マニアックな曲です」
yes it is(ビートルズのカバー)
赤いゴーカート
・わあ!!!!! これも聴けてすごく嬉しかった……
MADE IN LOVE


ダブルアンコール
・「みんなまだ元気残ってますか? すーげえなあ。俺もうすぐ40だぜ? あんま無理させないでくれよ笑」
・いつものサービス精神旺盛な唱くんと違って、この素っぽい唱くんが垣間見えた瞬間もうギャーーーーーーーーかっこいいいいいいいいってなりすぎてすぐさまダイバーシティの床を転がり回りたくなったよね。。
トランスフォーマー
・わーーーー!!!!! わー!!!!!!!
・終わったあと前に出てきて、手をつないでおじぎする3人。そのまま端の方へ行くもんだから真ん中の唱くんがETみたいになってて笑いが起きてた。
・「今日はみんなに会えて本当に嬉しかった! また近々会おうね!」アイドル以外でこういう言い方をするひとってどれくらいいるのかわかんないけど、唱くんがこういうふうに言ってくれるのがこっちも本当に嬉しいなあって思う……。ああもう唱くんほんとうにかっこよすぎてかわいすぎて好きすぎる!!!


ああ本当に楽しかったです。唱くんのというかトライセラの歌うココカラが聴きたくて、もっと言うとSMAPさんと一緒に歌う姿が見たいなあとひそかに夢見ていたんだけど、それがこの前のぷっすまで叶った……と思ったらもっと本格的に叶ってしまった! 本当に興奮しすぎてそれで記憶ふっ飛んだみたいなところあるというか、テレビ朝日さん本当にありがとうございます感涙
次のツアーもいまからすっごく楽しみ。あとは新曲が4曲ともめっちゃいいので、アルバムが楽しみですというか早く出してください!笑