読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kis-My-Ft2『Kis-My-Journey』@京セラドーム大阪(7/25)

MC中心に簡潔に。

  • ミーマイン誰かサビの入り早い。笑
  • VTRはまた横尾さんの早口言葉。2パターンなのかな?
  • 宮田のヒュードロドロはちゃんとキー低かった。
  • MC

・始まってすぐ宮玉にかがジャージを脱いでタンクトップに。その後ちょっとしてがやせんも続く。
・北山「上の方のみなさんも見えてますよー」宮田「えっ」にか「宮田見えてないの?」宮田「いやいや、後ろに行ったときは見えてたよ。でもいま逆光で」北山「宮田は嘘つけない顔してるよな」
・北山「たまちゃん乳首浮き出てる」藤ヶ谷「……2つあった!」北山「あれ千賀さんも乳首ぷつんとしてない?」藤ヶ谷「……3つある!」
・にか「宮田お腹出てない?」北山「宮田のタンクトップの張りつき方なんか汚いよな」宮田「おい! ジャニーズ!!」
・北山「あれっにか髪の毛結んでるじゃん」にか「これはね……かっこつけてる」(客席笑)にか「なんで笑うの?」北山「藤ヶ谷とか玉森とかがやったらかっこいいけど、ちょっとバラエティ色が強すぎるんじゃない?」にか「まぁそれも嬉しいけどね」藤ヶ谷「俺リハのとき結んでたけどにかがやってたから」にか「かっこいいひとの真似したんだよ」
・ジャーニーの最初で広げる地図がPVの地図と同じという話で、あまり客席から反応がなく北山「……無ですか?」にか「人の子かよほんとに」宮田「いやそれはそうだろ笑」北山「俺らの自己満だったかぁ」
・にか「宮田のヌード写真とかどう」宮田「あっ当たりってこと?」にか「ハズレだろどう考えても」北山「宮田のフルヌード笑 でも宮田のananとか見たくない?」宮田「それ3年前に言ってほしい。そしたら3年かけて鍛えるから」北山「おまえ3ヶ月で身体つくれよ」
・北山「えっ藤ヶ谷は? どうだったの?」藤ヶ谷「俺気づいたら脱いでた」北山「なにその、女の子が気づいたら脱いでてそこにいたみたいな……ちょっと俺オブラートに包めてるかわかんないけど笑」千賀「あっでも俺の母ちゃんガヤのanan枕元に置いてた」北山「えっ笑 それなに? 夢に出てくるようにってこと?笑」
・このへんで北山さんもタンクトップに。目がかゆいのかやたら目をこする北山さん。それがモニターに抜かれて歓声。にか「前の3人になると目こするだけでザワザワされんのかよ。うらやましいーなー!」なおも目をこすり続ける北山さん。横尾「北山さん喋りなさいよ」
・北山「玉森と千賀で舞台やるんだっけ?」宮田「俺もだよー!!!」北山「なんで自分から見えてる落とし穴にはまりにくるの? マリオだったら1面の1こめで死ぬよね」横尾「そろそろドリボの話を……(←流される)」
・北山さんが喋ってるのが抜かれてるときに隣で見切れてる横尾さんの顔が気が抜けてて笑いが起きる。北山「見切れの横尾が」横尾「これが普通の顔ですよ?」変顔する横尾さん。北山「天気予報で後ろからひょっこりしてる奴みたい」
・北山「藤ヶ谷も乳首見えてるんじゃない?」藤ヶ谷「俺もうananで出してるから別に」北山「乳首がアンとアンってこと?」藤ヶ谷「ちょっと言ってる意味がわからない」
・藤ヶ谷「わたるあれだね。喋る前に手上げよ」ぴんと手を上げる横尾さん。てぃー以下略の曲名をちゃんと言えて客席が沸く。
・にか「俺着替えてきていい?」(若干の間)みんな「じゃ俺も着替えてくるわ」「じゃ俺も」「俺も」にか「俺も」みんな「どうぞどうぞ」にか「打ち合わせと違うじゃん!!! 一人じゃ寂しいじゃん!」このにか激烈くそカワイイイイイイイイイイ!!!!!!!
・着替え用のはけ口を間違える藤ヶ谷さん。でもそのあと玉森くんも着替えどこだっけとか言ってた笑
・北横玉千の組み合わせが残り北山「アイドル誌でしか見ない組み合わせですが……たまちゃん仕切って」玉森「俺は仕切らねえ。俺は仕切らねえ。俺は絶対仕切らねえ」
・北山「たまちゃんシェフってるの?」玉森「主婦?」北山「主婦!?笑」
・北山「横尾さん暑くないの?」横尾「俺たぶん脱いだら寒いと思う」北山「えっ!? ちゃんと踊ってる?」横尾「じゃなくて、汗かいてるから冷えちゃう。野球でピッチャーが交代したらジャンパー着るのと一緒ですよ」北山「それこの会場で横尾さんしかわからないからね?」
・北山「男性の方ー? おおけっこういるなぁ。みんな彼女に連れられてとかパパとかなのかな? 男性一人で来てるよって方いますか? おおーけっこういるねー」玉森「えっどこ?」北山「いやちらほらいるじゃん。男性の方ってさ、宮っちのうちわ持ってる方多くない?」玉森「男ひとりで来てるひとは誰が好きなの?」北山「そこしれっと玉森のうちわ出すな」玉森「えっメンズ?」
・北山「エアサバゲーしないの」
・入れ替わりで藤宮にか。にか「いちばん仲良しな三人組が来ちゃったな」宮田「だな!」にか「ごはん食べに行ったもんな。もんじゃ」
・藤ヶ谷「宮田おまえ衣装表裏逆だよ」宮田「えっ!? ああねじったからいいや」藤ヶ谷「前髪もスカスカだよ。直してきたら?笑」
・にか「でもさ、もしこの3人でライヴするとしたらどうする?」藤ヶ谷「俺ねえ、前半と後半に分かれてやりたいかな」宮田「ん?」にか「二面性ってことでしょ?」藤ヶ谷「うん。だから前半は2人がめっちゃ盛り上げて、後半は俺がいい感じに」にか「それ俺と宮田のコンサートとがやのコンサートじゃん」藤ヶ谷「で、まあ……バックに宮舘」
・宮田「がやさん宮舘と仲良しだもんな。だってお昼も宮舘とごはん食べてたし」藤ヶ谷「おまえそういうこと言うなよ」にか「宮田はすぐひとのプライベートバラすな」
・藤ヶ谷「俺この前休みだったのね」にか「貴重なお休みですよ」藤ヶ谷「でサーフィン行ったの。まあ波待ちみたいなひとがいっぱいいて。で向こうの方からいかついおっさんたちがダーッと俺の方に来て。『やっべ』と思って。『オイ!』って声かけられて。そしたら『今日舞祭組いないの?』って訊かれて。『いや今日はいないっすね……』って言ったら『俺ら舞祭組派だから』ってめっちゃ睨まれた」にか「キスマイ派とかブサイク派っておかしくない?」宮田「俺らもキスマイだもんな」
・にか「でも確かに舞祭組始まってから世間の当たりが強い。友達感覚で来られるのはいいんだけど、たまに本気で俺らのことバカにしてるだろうって」藤ヶ谷「……なに大阪ドームで心の打ち明け話してんだよ笑」
・みんな出てきて藤ヶ谷「せんちゃん手袋かっこいいじゃん」千賀「そう。いままでなかったんだけど手袋追加されて」藤ヶ谷「プロボウラーみたいだよね」千賀「笑 俺最高スコア267だから」みんな「え? 本当……?(ざわつく)」千賀「あっやばいやばい俺すべってる」
・写真はアンダーソン。自撮りしながら登場。宮田が写真を頼むと宮田とツーショット自撮り笑 宮田「ノー、オールメンバー」宮田だけハブられそうになって宮田「ミスター宮田も」横尾さんの顔がヤンキーぽい。にか「ニコラス・ケイジに似てるって言われない?」アンダーソン「(手で×をつくる)」にか「あ、言われないか」
・宮田「きたみつのつむじがよく見えるな」北山「そんなのみんなそうだろ笑 俺だって宮田のつむじいつも見てるよ」宮田「それは宮田を狩ってるっていう……(グダる)」北山「何? オチくらいちゃんとしろよ。宮田狩りって言いたかったんでしょ?」
・北山「いま玉森の投げキッスに千賀のうちわ持ってる女子が反応したぜ? あのさ、顔のうちわ持ってるのに違う名前のうちわ持ってるひとって複雑な心境なのかな」宮田「揺れ動いてるんじゃない?」千賀「でも絶対一番手と二番手があるんだろうなぁ」
・藤ヶ谷「いま横尾渉がお客さんの前に行ったのに全然ザワザワが起きなかった」北山「もはや死んでるんじゃない?」

・横尾さんが盆踊りみたいな手の動きをしている。
・北山「宮田のアゴのライン日村さんみたい」
・宮田「みんなちゃんとやろうぜ!」北山「ああ宮田のギャグセン的にはってこと?」宮田「そう、俺一人のギャグセンじゃちょっと……」
・村長が説明してるあいだにか「へー」「あっそ」
・横尾「まあまあみんなちゃんとやろうよ」村長「横尾! 誰が勝手に喋っていいって言った」横尾「(超絶キレ顔)」村長「ごめんごめんごめんごめん! 横尾の怒った顔見たらなんか気が引けたわ」みんな「村長が謝ったぞ……?」
・玉森「えーやりたくない」宮田「おまえこの前一緒にドライヴ行ったとき、駐車場で駐車券忘れて『駐車券忘れたから出れないよ〜〜〜>_<』って言ってただろ!」玉森「やろ」
・最初のお題は『キスマイの写真集が500万部の大ヒット。その理由は?』
・千賀「500万部売ったら全額返金っていう、ジャニーズ事務所が楽しいこと始めたから」× 村長「おまえ始まる前に作り込んでるのがバレバレなんだよ! 全然よくない」千賀「えーだって」村長「うるせー千賀! 喋ってんだよ!」
・北山「キスマイ総選挙の券を入れた」○ 村長「おまえ放送コードギリギリだぞ」宮田「なんかきたみつが正解したときにそっちの方でスタンディングオベーションみたいなの起こってたんだけど」
・藤ヶ谷「袋とじにキスマイ7人のすっごいエッチなページがある」× 村長「おまえも放送コードギリギリだぞ!」北山「いやアウトでしょ! 思いっきりエッチって言ってたぞ」村長「だがなー! 藤ヶ谷のケツバットはレアだぞ。ライヴ終わったあとネットが荒れるな。『藤ヶ谷 ケツバット』で検索だ!」
・横尾「舞祭組4人が駅前で手売りした」○ 村長「横尾……おまえにしては冴えてるじゃないか」横尾「大阪なんでね」
・次のお題は『初めての夏祭りに浴衣を着てきた彼女にかけるかっこいいセリフ』
・宮田「おっ、似合ってるじゃん。こっちに寄って? もっと寄って? ゆかたカッター」(喰い気味に)× 北山「多めにやっちゃえ」宮田ケツバット3回される笑 村長「宮田にかける言葉はない」
・村長「準備はいいか二階堂?」にか「いいかってことは考える時間くれるんすか?」村長「あげねーぞ」
・にか「(大声で)やべーちょうかわいいじゃん!!! 365日それでいて!!!」× 村長「おまえ声がでかいだけ。普通のことを大声で言ってるだけ」そしてケツバットよける藤ヶ谷さんんんんん
・村長「見本見せてやれ、玉森! いくよー」玉森「いーよー」
・玉森「似合ってるじゃん。でももうちょい。もうちょいはだけてよ」○ みんな「えー! 今のいいの!?」村長「ごめん間違えた!」× 村長「玉森おまえかわいいからなんでも許されると思ったら大間違いだぞ! いいかげんにしろよ!」
・村長「今日はまさかの横尾のおかげで合格だ。おまえら横尾に感謝しろよ!」

  • てぃー以下略でにかが最初のサビのソロ入り間違う。横尾さんが千賀さんとのユニゾンで盛大にリズム走る。続くにかもつられて走る\(^o^)/あ、でも棚ぼたの横尾さんはまあまあでした。。
  • コーリング大縄跳びは最初横尾さんがひっかかって仕切り直して6回。早すぎて誰がひっかかったんだかわかんない。。
  • 僕らの約束のイントロがバグってループ。とりあえずMCすることに。

・北山「こういうのがライヴならではってやつですよね。だってテレビとかでこんなことなかなかないでしょ?」
・北山「でもお客さんこういうアレンジだと思ったんじゃない?」千賀「テテ、テテ、テテ、テテ、テテって。(どさくさにまぎれて歌い出す)てぃーてぃーてぃーてれってオレのケツ! オレのケツ! オレのケツ! オレのケツ!」北山「あいつオレのケツって千賀のケツしか言ってない笑」
・にか「でも止まったのがイントロでよかった。(シグナルの)上にいるときだったら俺終わってたわ」
・北山「いままでのくだり全部なかったことになるから」玉森「曲振りする俺の立場がない……」
・変なおじさんの動きをする横尾さん
・北山「みなさんちょっと座りましょうか」藤ヶ谷「(その場に座る)」北山「あなたじゃなくて……まぁいいや」
・藤ヶ谷「僕らの約束ダンスリミックスだったね」北山「あそこからヒップホップ入ってくるから」
・宮田「(なんの前触れもなく)うわーどうしようどうしよう!! 俺もうダメかも!!」北山「苦笑 いまA.B.C-Zの塚ちゃんみたいだった」宮田「ああ……仲いいから似てきちゃうんだよね」にか「なにいまの? ギャグ?」宮田「思いついちゃったんだもん。俺思いついたらやらずにはいられないんだよね」
・北山「宮田さぁ、こっちに投げないでちゃんと自分で最後までやって」宮田「うわーどうしようどうしよう!! 俺もうダメかも!! ……(どじょうすくいの真似)」藤ヶ谷「いまのが今日いちばんのハプニング」にか「みつががんばって話つないでるのにおまえいきなり飛び出してきてなんなんだよ」
・横尾「じゃあ、せっかくだからペンライトで遊びますか?」にか「あっそれ俺が言いたかった……ペンライトで遊びますか?」
・ペンライトを消す段になってにか「絶対こういうとき消さない奴いるんだよな」北山「ちゃんとみんな消してー!」にか「言うこと聞けよ!!」北山「照明消えてて誰が言ってるかわかんないからって笑」
・にか「言うこと聞けよ!!(2回め)」北山「にかが言ってるってばれてるぞ笑」にか「ペンライト消してー。宮田消えて」藤ヶ谷「照明ついたら宮田消えてるんじゃね」宮田「歌始まっちゃったら俺消えらんないじゃん」
・にか「みんなちゃんと言うこと聞いてくれるから好き」
・ペンライト芸の合図を失敗する北山さん。にか「今度はみつのトラブルが」北山「あのね、『せーの』って言うか『いっせーのせ』って言うか迷っちゃったの」玉森「曲振りする俺の立場にもなれ」藤ヶ谷「まとめると、『しぇーの』でいこう」
・北山「しぇーの!」


今日はバクステ近辺の天井だったのですが名古屋で見えなかった外周〜バクステがストレスフリーで見られたのがよかったです。そしてやっと新曲のフォーメーションとかわかってようやく全貌が明らかになった感じがあります笑
ああでも席のせいなのかまわりがオタクですらない客層に囲まれてたのがちょっと辛かった。わたしはキスマイさんの歌声を聴きに来てるのであってオタクの歌声を聴きに来てるんじゃない\(^o^)/ でもトラブルでMC増えてお得感あってよかった。明日も楽しみー!