読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寺島拓篤『TAKUMA TERASHIMA LIVE TOUR 2014 2nd STAGE "PRISM"』@Zepp Divercity

vox

超個人的男性声優楽曲大賞でみごと2冠を果たした(もなにもわたしが勝手に言ってるだけですが笑)てら氏。昨年末からライヴ見たい見たいとは思っていたのですが、このひとそもそも全然ライヴ自体がなく! やっとこさ見に行くことができました!
あんまり期待値を上げないようにしようと思っていたのですが、ステージ上に巨大な菱形がたくさん並び、開演前からレーザーが壁を照らしまわるという演出に、あ、来てよかったな、と始まる前からすでに思ってしまいました。そしてまさかの上から菱形のなかに入って両手を広げながら出てくるてら氏。まじかよ。これほんとうにライヴハウスなんだろうか?とびっくりする演出でした。衣装もかなり凝っていて感心。でも最初の衣装のジャケットを脱いだあとはださかったよね笑 圧縮もまったくなく、驚くほど見やすくて平和な客席なのもよかったです。お立ち台みたいなのがあったのも見やすさに拍車をかけてました。
最初2曲アルバムの曲順どおりだったのでまさかこのまま曲順にやるコンセプチュアルなライヴなのか……!? それならそれで神じゃね……!? と思っていましたが違いました。思ってたよりも新旧織り交ぜたセトリでそれもよかったです。似たような曲調の曲をそれぞれ固めて披露したといった趣向で、すごく功を奏していたと思います。あと踊ると思ってなかったので、ダンサー出てきたのびっくりした。めっちゃダンスぎこちなくて(いや、というのもまた違うんだけど、踊り慣れてない感じで)笑った……。かわいかったですね。アコースティックコーナーは宮野さんも毎回やってるし定番というかベタな演出ではあるんだけど、magic wordsのアコースティックはよかったなぁ。その後の再登場も上から階段降りて出てきてあれっここ中野サンプラザだっけ?と思った……演出に関しては本気でライヴハウスでもここまでできるんだなーと驚きばかりでした。2着目の衣装も宇宙柄セットアップの上に謎のコートでオシャクソだったね……。あれが着こなせるのはすごい。
ここまで隙がないセトリでMCも喋りが達者で尺がほどよかったのでだんだん逆にムカついてきてたんですが、おれパラメドレーが始まった瞬間一気に「わたしはいったいなにを見に来たんだろう……」という無常感に襲われ、「これでこそ声優の現場……!!!」という安心感が降ってきました笑 いや、おれパラ好きなひとだったら嬉しい粋なはからいだったとは思うのですが、わたし言ったらべつにてら氏本人にもおれパラにもそんなに興味ないからね……。この時間だけオシャクソじゃない『声優の現場に来てるぞ感』をひしひしと感じられました。そのあとは盛り上がる曲の連打で気づいたら跳びまくってました。とくに"HERO"は頭のなかのなにかが完全にブチ切れて意味わかんないくらい跳びまくって前後不覚になってました。ロンくんは偉大。ちょいちょいG.Addictの名前を出してたのもよかったです。
アンコールで大好きな"a blank map"がとてもかっこいい形で聴けたのも嬉しかった! しかもサプライズでハッピーバースデーを歌う一幕もあってちょっと申し訳なくなりましたね笑 そしてもうやらんのかなあ……と諦めかけてた"JUMBLE TOWN"が最後に来たときの、このよくもここまで焦らしてくれたな感……! いやもうまちがいなく半端なくいい曲ですわ、、、、
歌とか踊りのスキルで言うと、それはまあ声優ですからねーといった感じなのですが、これは場数を踏んでいないってこともあるかな。とくに"スターテイル"とか"silent stride"とか歌うのが難しい曲が多いのもあってけっこう大丈夫かな……と心配になる部分もあったのですが(それはそれでああ生歌なんだなあと実感できたのでよかったんですが)、とにかくステージングが堂々としていて見映えがするのがすごいなと思いました。あとわりと声量があるのでそのぶん安心できるなとも。歌唱力は正直練習次第でどうにかなりますけど、こういう天性のセンスは後天的にはいかんともしがたいので。ただ歌い方の問題なのかマイクの使い方の問題なのか、何曲か声が曲から浮いてるなと感じるところがあってちょっと気になりました。生バンドなんだけどカラオケボックスにいるように聞こえてしまうというかね。ハマってる曲はものすごくハマってて全然そんなふうに思わないのですが……なんでだろう。ダイバーシティの問題なのかな。。
あと客との距離感のとり方が天才的に上手いですね。オタクをよく手なずけてるなーと感心しました。とにかく喋りが上手くて、だらだらオチもなく話すこともないし頭がいいんだなとあらためて思いました。MCでテンションがだれないっていうのはライヴの流れをつくるうえでかなり重要。そして最後に語っていた声優の歌手活動についてのスタンスはほんとうにそのとおりだなと思わされ…………理想かよ!!!!!!! いやほんとうにかなりわたしの思う理想に近いというかほぼそのままのことを語っていてうわーっと思ったのです。しかしわたしがいちばん沸いたのはやっぱり眼鏡を外した瞬間ね。わたし正直てら氏の顔が全然好きじゃなくて、なんだこの喰いだおれ人形はと常々思っていたのですが、眼鏡外した瞬間「!!!!!!!!!!!!!!!!!」と全身に電撃が走りました。はじめて裸眼の姿を見たのですが、ちょ、眼鏡してないほうが全然いいじゃないか笑 でも眼鏡してなかったらほんとに好きになっちゃうのでこのままでいいのかもしれません……。でもほんとに眼鏡してない顔が好みだったので、この部分のMCがカットされずに収録されてたらDVD買いますわ笑
そう、わたしてら氏の顔も好きじゃなければ声も好きじゃないし、もっと言うと歌い方も演技も性格も全然好きじゃない、むしろいつも気に喰わねぇなこいつと思ってたくらいなんですよ。ただ、それでも見に行きたいと思うくらい圧倒的に楽曲がよくて、そして期待を裏切らないとても楽しいステージでした。ていうかてら氏はほんとなにもかもが絶妙なバランスで、声優の歌手活動としてほんとうにめちゃくちゃ理想的なんですよね。歌唱力がどうこうとかも書きましたけど、個人的にはいまのままこれ以上歌上手くなってほしくないです。あくまで(声優と歌手と半々とか音楽活動がメインとかではなく)声優がサブで音楽やってますくらいの比重なりスキルなのに、楽曲なりステージなりの内容が一部の声オタだけにとどめておくにはもったいないクオリティっていう、それこそがいちばんおもしろいと思っているので。なので楽しかったから年1、2くらいで行きたいなーと思う反面、いまのまま2年にアルバム1枚くらいのペースで活動してほしいなあと思うところもあります。まあでもこのひとは今後どんな方向に進むにしろ、絶対外すことはないだろうと思うのでこれからの活動も楽しみです。