読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮野真守『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2015 〜AMAZING!〜』@日本武道館

幸運なことに14、15両日とも行くことができましたー。開演時間を1時間勘違いしてて15日はNEW ORDERの途中からだったのがほんとに悔しいのですが、、、
セトリ追いながら感想など。


VTR
・いままでのオープニングVTRもどれも手の込んだものでしたが、今回はハリウッドふうで(セリフもぜんぶ英語で下に字幕が入る)段違いにスケールが大きい! アメリカでミュージックスターとして活躍する宮野さん。開演時間近くになっても姿を現さない彼にイライラして電話をかけまくるマネージャー。やっと出たと思ったらシャワーを浴びていたと言い放ち、迎えにきたヘリコプターに乗り込む宮野さん。そしてショーの幕が上がる……といったストーリーで、VTRの終わりと同時に実際のステージを覆っていた厚い幕も上がるという高まる仕掛け。
Magic
・チェックのスーツ。一曲目から新曲っていうところに攻めの姿勢を感じます。いままでぴんときてなかったけど現場で聴いたらあらためてかっこよさに気づいた……。
Steal!!
・イントロから全然違うアレンジでこれなんの曲だろう……? と思っていたらまさかのわたしがいちばん好きな曲!!!! ほんとうに違う曲として生まれ変わっていて、このアレンジの音源も欲しい……!
愛の詩 〜Ulyssesの宴〜
・アメリカでショーっていう設定ならこれは絶対やるだろうなーと思ってた。
SUPER★SOUL
・なんかこのへんでダンサーののすけくんが気になり始める、、、
白昼夢
・ギターを持って披露。この曲もまさかすぎる! Steal!!と一、二を争うくらい好きな曲なのでもうね、、、
NEW ORDER
・最初なんか小芝居してた気が。ポップアップでステージ上段に出てくる。キスマイジャーニーのLuv Sickみたいに、スクリーンが分割して宮野さんがそこに映る映像と連動して出たり入ったり、バックスクリーンに大量に増殖したりする演出。……これ流行ってるの?笑
メンバー紹介
・なにげにこの曲がかっこよかったなー。
…君へ
・ツアーロゴが全面に入った赤い衣装。肩に黒いファー、左手だけアームウォーマー。歌いながらステージ両端の階段を降りてくる。これがすごくせつなくて演技派!
MC
・↑があまりにもEXILE TRIBEみたいな衣装だなぁと思ってたら、本人が「バラードコーナーなのに踊り出しそうな衣装だよね。マモザイル的な? マモソウルブラザーズ的な?」とか言い出してR.Y.U.S.E.I.の右上を指差すポーズをし出したので降参しました。
 オープニングVTRの話。どうしても一曲目をMagicにしたくて、この曲のスケールの大きさに合うVTRってなんだろうと考えた結果「ヘリコプターに乗りたいです!」と言ってこうなった。Magicの最初に入ってるオーディエンスの歓声をうまく膨らませたかった。
 MCのテーマは14日が「ホワイトデーの思い出」。宮野さんは小学6年生のときに好きな子からチョコをもらって嬉しすぎて、押し入れの奥にしまってちょっとずつ食べてた。ホワイトデーはお母さんと一緒に選びに行って、スプーンの上にちっちゃなキャンディが載ってるやつを自分のお小遣いで買った。(このひと既婚で子供いるんだよなぁ、、とちょっとハラハラしながらこの話聞いていた)みんな男子校だったりお母さんにしかもらえなかったり。いまじゅんはクラス全員に手作りチョコを持ってきてくれた女の子がいて、それが最初にもらったバレンタインチョコだったので嬉しくてクッキーを作って返した。それ以降もらったら必ず手作りで返していた。
 15日は「このツアーの総括」。木原さんいわく15日は始まる前の空気がちょっといつもと違っていた。まもちゃんいわく「高まった。高まった」。いまじゅんはいままで初めてのことばっかりだったけど、今回初めて「初めてじゃないこと」だったからチームの一員になれた気がする。何気にみんな同世代だから仲良い。楽屋でトランプやったりしている。同世代という単語が出たときみんなが木原さんを見て笑うも実は木原さんはもうすぐ36歳らしい。ごめんふつうに40代だと思っていた、、、宮野さんは最近よくお酒を飲んでいる。酔うと楽しくなって「日本酒の味、教えてやろうか?」とみんなに絡み出す。
 きくさんに代わって新しいドラムのけいくんがコール&レスポンスをするもどうも頼りない笑 あくまで見た目だけの印象で言うときくさんはヘヴィメタだったけどけいくんはヴィジュアル系。なんかちょっとした言動でズコーってなる感じがかわいい。あと宮野さんの一人称が14日はふつうに「僕」だったのに、収録が入った15日は「まもちゃん」だったのがこいつ意識的にキャラ作ってやがる……!と思った。けっこうぶりっ子なとこありますよね、あと意外と腹黒いっていうか。
バラードコーナー
 きもちつないで
 ・今回のバラードコーナーはバレンタインをテーマにしたということでLOVE度高めの選曲らしく。いい曲だー。
 Splash Blue
 ・これもまさかの!!! WONDER厨感涙ですよ……。これはサンバアレンジで楽しい感じに。
 ぼくのキセキ
 ・このコーナーの選曲なんなんだ!!! "シュビドゥ シュビドゥ パラララ"を客席が歌うという趣向もあり、これも楽しかったな。
コントVTR(バレンタインKiss×Kiss)
・これが!!!!!! な!!!!!! 学園ものでマモオ(宮野さん)がシュン子(しゅんりー)に呼び出されるという設定なのだけど、いきなりマモオがイケボ3連発を繰り出してくるのでやばい。そしてシュン子がほかに気になってるひととして現れるのがテラ蔵(改めテラシュー)(てら氏)とドラゴン(たつひさ)。た、たつひさ!!!!!!!????????? ここまでのライヴでもう高まりすぎて、のすけくんもハイパーかわいいしもう宮野さんでよくね? 次のツアーは遠征とかしちゃおっかなー、とか考えていたところに突然の推しメン様しかもイケメンが現れたもので動揺と混乱が……。マモオは洟垂れ、テラ蔵は中二病(手の甲に風の紋章を書いている)、ドラゴンはヤンキー(異常に長いリーゼント)。ドラゴンくん登場からまじ素でイケメンすぎて抱いてよプリーズゴーオンすぎた、、、
 シュン子のキス(罰ゲーム)をかけてフリースローで対決する三人。フリースローになるとてら氏がキャラを忘れかけたり素の感じが出てて楽しかった。早く完全版見たいなー! ボールがリーゼントに当たって投げられないあたりとか神すぎた。さっと決めちゃうマモオくんやっぱ持ってる男だねえ。あとたつひさが宮野さんのこと業界ではたぶん唯一「真守」って名前呼び捨てしてるのは有名な気がするけど、宮野さんのほうも「達央」って呼んでるのね。まじで「実は仲良い」のかもしれない。最初はあまりにダメダメなテラ蔵が罰ゲームかと思いきや、奇跡的に入って結局キスするはめになるドラゴンくんはそういう男だよねえ……。キスするときのドラゴンくん男前すぎた。というか全体的にドラゴンくんが男前すぎた。最後うたプリネタで締め。
振り付け講座
・「寝る前になにを飲むのがいいかな? やっぱりハーブティーかな? ホットミルクがいいかな? それともやっぱり……プロテインかな!?(腕の筋肉を見せる) 超回復だからね」
mashmallow love
・黒地に金ボタンのナポレオンベスト。この衣装めっちゃくちゃかっこいい!!! 前回のハッピーハッピーバースデーはバースデー担当でしたが今回もこれがホワイトデー担当の曲らしい。毎回フリコピ曲ありますけど、今回いちばん振りがかわいくて楽しいかも。ハートつくる振りも楽しいし、「おねがい♡ おねがい♡」がかわいすぎる。。。ベイビーカップもかわいすぎる! ぜんぶかわいい!!!
VOICE
・いちばん現場で観るの楽しみにしてた曲。なんといっても間奏の振りが衝撃的だった。照明が落ちて暗闇に閃光が走るなか、5人が横並びになり走る。考えすぎなのかもしれないけど、タイミング的にR.Y.U.S.E.I.のあれを意識してないとは思えない。ただあっちはその場でランニングマンなのに対して、これは5人が実際に移動して立ち位置が入れ替わり、照明がついたときには4人は倒れてるか屈んでるかで宮野さんがひとり真ん中で拳を掲げて立っている。これには度肝を抜かれたしめちゃくちゃかっこよかった。あと今回ほとんどすべて生歌だったのだけど、ヘッドセットでここまで歌えるのめちゃくちゃすごい。
オルフェ
・やっぱりいちばん会場、というか専オタじゃないひとが沸く曲だなと思う。これ(かカノン)聴きたさに来てるひともいる……んだよね? たぶん。
GOLDEN NIGHT
・この流れやっばい。もしかして今後これは定番曲になる感じなのかな? だったら嬉しいなー。そして武道館でまさかのトロッコ発動。14日は上手から、15日は下手からスタートして、アリーナAとBのあいだの通路を通って一周。横アリでトロッコやって味を占めたのか……。
Kiss×Kiss
・この流れやっばい笑 キスキスまじで何回やってもたまらんなー。
MC
・コントの話。「バレンタインだからオフィスラヴ? とか考えたけど、やっぱり学園ものにしようと。どうせ学園ものをやるなら全員同級生がいいと思った。てらしーは手の甲に自分で風の紋章を書いたりして、すごく役作りしてきてくれた。ドラゴンくんって漢字違うよね(なんでドラゴンなのかわかってなくてこれ聞いてやっとあー龍=たつか!と納得した笑)。たつは役作りとかいらない、あのキャラそのまま。水泳の現場でふたりきりになったとき、小さなソファにふたり並んで座って「あの……コントとか、興味ありませんか?」って訊いたら、やっぱりたつひさは受け答えもロックだねw 「はぁ?」とか言われるかと思いきや、(態度のでかい座り方の真似をして)「……いいねぇ」ってw 「おもしろいもん作ろうぜ!」って言ってくれたの。クマももっとあったほうがいいんじゃないかって自分で描いてきて。リーゼントもほんとは2種類あったんだよ? ふつうのと長いのがあったんだけど、ちゃんと長いのを選んでくれて。てらしーはいろんな作品で共演はしてるんだけど、なかなか現場で一緒にならなくて、長文のメールを送ったの。そしたら『コントかぁ……そういうのはちょっと……』改行改行改行、『興味が尽きないねぇ』笑 よかったー!と思って。『二つ返事でやらせていただきます! ……と言いたいところだけど、事務所に確認します』って受け答えも性格出るよねー。シュン子? シュン子はさ、脚きれいじゃん? だから悔しいから、顔をすっごい化け物にしてやろうかと思って。でもやっぱり大事な相方ですからね。でも彼だけ年上だから、おれたち先輩に呼び出されてるってことになるんだよね笑 しかもダブってるくらいの先輩笑 けっこう年上だからね笑」デレ! しゅんりーにこんなデレたのはじめて見たかも! 15日はもっとはしょってた。
「前回のツアーですべてを出し切って、もうまったくなにも考えつかなかった。でもそこからいろんな経験をさせてもらって、いろんなものを見たり聴いたりさせてもらって、具体的にはアメリカに行ったり。そんなこと想像したこともなかったから。でも立ち向かうべき試練があるということは恵まれてるなと感じる。新しいこと始めるのって本当に怖いよね。一歩踏み出すのって本当に怖いよね。でも踏み出した先には絶対明るい未来がある。自分のようになってくれと言うとおこがましいけど、指針でありたいと思う。僕もチャレンジし続けるから、みんなもチャレンジしてほしい。そこには絶対明るい未来があるから。宮野真守にとっての明るい未来が、みんなにとっての明るい未来にも続いてるように」ニュアンスですが両日ともこんな感じのことを言っていた。ここはとても迷いなく、一言一言しっかりと発言していたので、相当本人のなかで考えて考えて固まった言葉なんだろうなと感じた。宮野さんのライヴは毎回とても楽しいのだけど、ある意味定型化している部分もあるし楽曲の方向性に対しても宮野さん本人としてはどう考えているのだろうなあと思っていたので、こういう言葉を本人の口から聞けたのはとても嬉しかったしいろんな胸のつかえがなくなった気がする。
BREAK IT!
・しかしのすけくんが弾けすぎていてかわいすぎたのであった。心の底から楽しんでるんだなあってのが全身から伝わってくるから見てるこっちまで楽しくなってくる。ダンスもパワフルだしほんと気になる……。

アンコール
J☆S
・白ツアーTにラインストーンでキラキラにしたジーンズ。アンコールの衣装までもセンスいいなー。のすけくんはグレーのニット帽をかぶっていた。ずーっと飛んだり跳ねたりで体力すごい。コーレスのあいだはのすけくん腕組んで敵と対峙する構えだったり武道の型だったりやっていてかわいかったー! 14日は宮野さんどうしてだか歌い出し〜1番Aメロまでものすごく不安定だったのだけど15日は全然そんなこともなく堂々と歌いきっていた。タオル回し曲になったので指差しができなかったのだけ残念。
MC
・ホワイトデーのプレゼントに新曲を。うたプリ3期の主題歌。作詞は宮野さん。
シャイン
・ひとことで言うと「頑張っていつだって信じてる」。いや冗談抜きで。途中でポンポン出てくるしチアの振りもあるし。ハードでドラマティックでオイオイ曲だった前2作とはうってかわって、うたプリ史上でも突き抜けて明るくキラキラした曲だなと思った。宮野さんとともにうたプリもまた新たなフェーズに移行するのだなと感じたり感じなかったり。最後に恒例のちょっとした小芝居が笑

ダブルアンコール(15日のみ)
MC
・秋にアルバムが出る告知。
THANK YOU
・最後なんの曲だろうなと思ってたけどちょっと納得。横アリも最後これじゃなかったっけ? しんみりすることもなくきれいに終われてよいですね。


2回続けてアルバムを出してないタイミングでのツアーってこともあって、前回のツアーが個人的には神セトリだったのだけど同じことをやっても仕方ないしどうするんだろうと少し不安になってたんですが、まったくもって杞憂でした。というか軽く期待を超えてきた。楽曲もライヴもクオリティはとても高いのだけど、というかむしろ高いからこそ、「オタクが聴く用のEXILE TRIBE」と化してるような気がして勝手にモヤモヤしてたのですが、そんなのまるで見透かされていたみたいに完璧な回答がここにありました。ドラムが代わったのもあるのか、冒頭から音の印象もなんだか少し違っていて、たとえばSteal!!のバンドアレンジとか以前ならたぶんここまで大きく変わらなかったんじゃないかなと。セトリ自体もがらっと変えてきたし。それからもともと歌えるひとではありますけど、それでもいままでは一公演中どこかに不安定な部分があったりそもそもヘッドセットで踊りまくる曲だと被せを使ったりしてたのが、今回は全編通して生歌なうえに格段に歌の安定性が増して迫力が段違いだった。あれっと思ったJ☆Sも2日目にはもう堂々としていたし。
いやこのひとほんとすごいよ。30代既婚子持ちの男性がステージ上でアイドルをやるという問題に対しての回答っていくつかパターンあると思うんですけど、ひとつも文句言えないくらいの答えを出されたなと。私生活もまったく見せない、公の場で結婚指輪もしないし家族の話もしないこのひとは言うなればミュージックスターをやるという覚悟を引き受けたんだなあと感じました。いままでは悪い意味でこれって声優でやる必要あるのかなあと思ってましたが、今回そういうのがどうでもよくなるくらい、いい意味で声優のライヴだというのを感じさせないライヴでした。と考えると宮野さんの現場の声優要素を唯一担保してるのってコントなんだな。なんかこのへんの問題にかんしてはあらためてダイアリーに書こうと思います。とにかく素晴らしかった! 自分が遅刻したこと以外は! これからは絶対開演時間を何度も確認します!!!