読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『君色Storia Season2』発売記念トークイベント

vox

現場日記の書き方がすっかりわからなくなってしまったが書かないと忘れてしまうので、、そんなこといったら赤髪の白雪姫上映会だってそうなんだけどね、、、
てかこれ場所は書かないほうがいいのかな。終わったから書いてもいいのかな、、


・席は受付でくじを引く形式。自分で引くからどの席きても言い訳できないよね/(^o^)\
・スタッフの男性がイケメンで沸いた/(^o^)\ 鳥海さんが登場してすぐ「ここからは僕が仕切るんでもう大丈夫ですよ」って言ってて笑った
・下手から鳥海→濱野→山下→梅原。椅子が高いので山下くん立っても座ってもあんま変わ、、んない、、、
・濱野くんはこの企画が最初の配信で、イベントに出るのもきょうが初めてとのことでまわりからいじられまくってました。マイク持って喋る、客席を見て喋る、という注意とか、無茶振りされたりとか笑 山下梅原もそんなに芸歴が長いわけではないけど、それなりに余裕を感じたので場数ってやっぱ大事だな〜
・最初につけたあだ名を覚えてるか。濱野くんは「ハマターイム」鳥海「MCハマーが好きすぎてね。ああいうサルエルパンツとかもいまは流行ってるけど、ほら昔は」濱野「いやあ笑 でも僕同じ誕生日なんですよ」鳥海「おー。ダンスも生まれつき上手くてね。おっちょうどここ前空いてるよ?」濱野「いや、、いやあ笑 うわーこれがイベントかー! イベントって怖いですね!」
・山下くんは「肉が好きだからにっく!」3人「違う……」山下「え? あ、ミートくん!」梅原「それほんとに忘れてたの?笑」ここの小馬鹿にしたような裕一郎さんが最高だったなあ、。裕一郎さんは字面が固いから「武士と書いてたけし。たけしって言ったらもうジャのほうしか……」濱野「でもけっこうそれっぽいですよね」梅原「ほんとに!? 言われたことないですけど笑」
・アンケートは最初三択だったけど途中から無理やり四択にした話とか。戦国武将で千利休とか、ホットな赤、クールな青、シックな黒、ときてなぜかエロティックな紫とか。みんな空気を読んでエロティックな紫にしてくれた
・配役もアンケートだったので、ほかにやりたい役とかあったか?という話から山下くんが梅ちゃんの聖見たいよねーという流れに。そのときはいったんとくになにもなく濱野くんが聖をやることに。梅原「渋いね笑」濱野「限界まで若くしました」鳥海「これで限界!?」山下くんが梅ちゃんめちゃくちゃ悪い顔してる〜みたいなやりとり
・あれ?という感じで見るふたりを受けて、梅原「ぼく聖やりましょうか?笑」けっこうこういうとこ悪ノリしますよね。意外にかわいらしい声出ますよね。。ほかには濱野くんの役がつねに大声でうるさい、収まるべくしていまの配役に収まったよね、とか
・鳥海さんの役が彼女持ちなので羨ましかったと話す山下くん。その流れで冒頭にあるようなセクシーなセリフをやってみることに。これがノリノリでどっからそんなすらすら言葉出てきた?って感じだったので、乙女のおまいつの才能あるかもしれないですね、、
・山下くんは低いかっこいい声に憧れて、家で先輩の役を見てモノマネしてた。鳥海「ちなみに誰?」山下「、、、森久保さん」鳥海「それほんとにかっこいいと思ってやってる!? ほんとに憧れてモノマネしてたのか、それともこれ使えるぞ〜と思ってやってたのかどっち!?」山下「両方です! よかったーきょう映像にならなくて!」濱野くんは海外ドラマ見て勝手にセリフつくって言ったりしてる。ジャック・バウアーのモノマネとか
・恋するサッカー部だけど主人公が鳥海さん演じる亮一の彼女なのでみんなあんま恋してない。濱野くん演じる雄平はそもそもモテないキャラだし、山下くん演じる聖はマネージャーより先輩のほうに行ってるので毛色が違う。鳥海「梅ちゃんは? 恋してる?」梅原「え?」山下「プライベートですか!?」このくだり笑ったけど一瞬背筋冷えたよね
・CDに入ってる番外編の音声をそれぞれ振り返ることに。モニターにキャラの絵が出るので横に移動する4人。このときに山下くんと裕一郎さんがなんかこそこそ話して笑ってたのがかわいかった!! 話してるときにじゃれて山下くんが肩叩いたりもしてたし、ほんとに仲良いんだなー友達いるんだなーと勝手に思ってしまいました、、よけいなお世話! あとこのとき濱野くんがキャラのポーズを必死に真似しようとしてたのもかわいかった
・鳥海「みんなサッカー部らしい見た目だよね〜笑」山下「腰まであるロン毛とかいましたね!」梅原「腰まであったね〜」鳥海「あ、でもうちの事務所にもロン毛でサッカー部のひといるんですよ」3人「!?」鳥海「みんなもよく顔合わせてる先輩ですよ」山下「え、鳥海さんよりも上ですか?」鳥海「僕よりは下ですね。……前野智昭くんが中学時代サッカー部で『ロン毛の前野』として有名だったらしいよ。しかもロン毛にしてた理由が「流行ってたから」って笑 流行ってたら有名にならないだろって。フフフンフフフ(キャプテン翼)の影響だから」CDのなかにもそういうくだりあったよねーって話
・ひとりずつの配信でなにをやったかという話。山下くんは肉が好きだから肉グッズを持ってきたり肉クイズをやったりした。「好きな部位は?」ってセクシーに言うくだり。鳥海「肉クイズってなに?」山下「ビーフorチキン?みたいな」梅原「笑 部位とかを当てるやつだよね?」クイズに正解したので叙々苑の焼肉弁当をいただいた。焼肉いったらなにを頼むか。鳥海「カルビとか若いよね。もう2枚くらいしか食べられない」3人「えー!」鳥海「おいしく食べられるのがそこまでなんだよ」さんざん焼肉でなにを頼むかの話が続く笑 山下「ハラミとか……」鳥海「ハラミなんてきみ頼まないじゃん!」山下「それは年上の方とばかり行くので、、」そういえば昨夜ばいと3人で焼肉いったんだよねーとニヤニヤしながらきいていた。。
・梅原「僕は三国志が好きなんで三国志でやろうとしたんですが、どう考えても女性には刺さらないだろうということで、それは半分にして、もう1回はクラシック音楽をやりました」鳥海「それも刺さんねーだろ!」小さなピアノを用意してもらってそれを弾いてイントロクイズをした話。鳥海「え!? 梅ちゃんピアノ弾けるの!?」梅原「はい」鳥海「ほかになにか弾ける?」梅原「あとギターが弾けます。でもずっとやってないのでなまっちゃって」濱野山下「かっこいいー!!! 言ってみたいわ〜」梅原「え、ふたりは? 楽器はどうですか?」山下「やめてよーこのあとに無理でしょ」梅原「でも濱野くんバンドやってたよね?」濱野「いや、、、笑 やってたけど、僕は楽器ができないんでヴォーカルで」
・鳥海「イントロクイズってどうなの? みんなわかるもんなの? たとえば運命とか、ジャジャジャジャーンは有名だけどあれはどこにあたるの?」梅原「ジャジャジャジャーン。あれはほんとに最初のところですね」鳥海「じゃそれはさすがに。でも途中は聞いたことあるけど……みたいなやつだとわかんないよね」梅原「そうですね笑 でもわかるかたはほんとにもうどんどん答えてくれて。わかんないかたは、知らねーよ。わかんねーよ。みたいな笑」(この知らねーよの言い方がまたツボなのでした、、)
・家でクラシック聴いてるの?という話。梅原「いやふつうにクラシックかけながら台本読んだりとか。一回ファンのかたにタクトをいただいたんですが、その前に芳香剤をいただいてて、それの棒かな〜と最初思って笑 そしたらあれ、なんか違うなって笑」鳥海「家で音楽に合わせてタクト振ったりするの? カンタビるの?」山下「それ初めて聞きましたけど笑」梅原「笑 そうですね、なりきったりしてますね笑」鳥海「なに? なんか持ちすぎじゃない? かっこ悪いとことかないの?」梅原「かっこ悪いとこばっかりですけどね、僕の知ってる自分は笑」山下「言ってみたいわー!!」梅原「あーこれなに言ってももうダメなやつですね笑」かわいい。。。
三国志の話。梅原「僕は漫画ですね。小学校の図書室に置いてあるのがはだしのゲン横山光輝三国志っていう。20巻(って言ってたけど、話の流れ的にたぶん21巻が正しいと思われる)から60巻まで持ってるんですけど、ブックオフに1〜20巻がなくて」鳥海「それ新品でももう買えないのかな?」梅原「あー文庫版とかはあるかもしれないんですけど、どうせならコミック版で揃えたくて」鳥海「好きな武将とかいます?」梅原「僕は趙雲子龍が好きですね」鳥海「あー王道のやつだ。五虎将軍の。本宮ひろ志三国志だとすごくかっこいいんだよね」梅原「横山三国志だとドカベンみたいな顔してるんですけど笑 でもかっこいいんですよねー」レッドクリフで鳩が飛ぶとかの話
・濱野くんは海外サッカー観戦が好きなので自分の考えるベストイレブンを決めた。鳥海「4-3-3ってことは3トップ? どういう布陣にしたの?」濱野「えーと……なんだったっけ」鳥海「笑 じゃキーパーは? 1人だけだよ」濱野「えっと……なんだっけ?」なにも覚えてなくて総突っ込みを受ける濱野くん。客席「ノイアー!」濱野「あそうだ、ノイアーマヌエル・ノイアーを選びました」鳥海「いま世界でいちばんのゴールキーパーと言われてるひとですね。内田とチームメイトだったりして。内田は知ってますよね?」濱野「鳥さんも詳しいですね?」鳥海「僕もスポーツは好きなので」以下海外サッカーの話が続く。。この話題のあいだ裕一郎さんと山下くんがずっと「全然わかんないよ笑」と言わんばかりに苦笑していたのがかわいかったー。途中で鳥海さんも知らない名前が登場し、濱野「ちょっと通っぽいかなーってなりますよね」鳥海「そういう話はシグマセブンの僕と同年代くらいのひとにしてみると意外と反応いいかもしれない」濱野「あ、僕いちどお会いしたんですけど、変わってるね〜って言われました」
・濱野「僕海外サッカーも好きなんですけど、きりんが好きで」鳥海「キリン? えっと、伝説のほう? それとも絶対に一番にはなれないほう?」濱野「笑 首が長いほうです。それできりんに関するクイズをやって。きりんもいろいろ種類があるんですよ。すごく背の高いやつからそんなに大きくない、動物園にちょうどいいサイズのやつまで」鳥海「動物園によくいるやつはなんていう種類なの?」濱野「確か、、ケニヤキリン? みたいな、国の名前が」鳥海「確かって笑 ぜんぶで何種類くらいあるの?」濱野「えっと、たくさんあります。12種類くらい、確か」『確か』を連発する濱野くんに覚えてないんかーいとなる3人。クイズの景品としてトイザらスのキャラのぬいぐるみをもらった。裕一郎さんはクラシックにちなんでヴェルディ全集をもらった。鳥海「ヴェルディって東京じゃないよね?」濱野「もういま順位が危ないほうじゃないです笑」
・梅原「でもきりんに似てるよね笑」濱野「あ、でもほんとうにたまに言われるんですよ」梅原「声も低いしね」濱野「そうなんですよ……ってそっちの麒麟じゃない笑」
・鳥海さんだけなにももらっていないので、「老人をいじめるな!」ということで勝ったひとが賞品をもらえるボウリング対決に。なにを投げるかは箱から引いて決める。じゃんけんで山下→濱野→鳥海→梅原の順に。4投ずつして勝敗を決める。
・わたし下手にいたので全然足元見えなくて、このとき移動してはじめて気づいたのだけど、裕一郎さんのズボンと靴のあいだからちらちらターコイズ色が見えた、、よね? あれズボンの裾かなとも思ったけどなかなかそんなズボンないだろうし靴下かな。それとも靴……? かなり意外な配色だったのでときめいた*\(^o^)/*
・1投目。山下『カラーボール』濱野『サイコロ』鳥海『カラーボール』梅原『折り紙』カラーボールでみごとに7本倒す鳥海さん。折り紙は紙飛行機を折ってそれで飛ばして倒すってことだったのだけど、当然のように全然届かなくて、もう1回投げ直してみるも同じところに落ちる。。折り紙のうんちくを垂れる鳥海さん。
・2投目。山下『パンダの乗った車』濱野『シャボン玉』鳥海『パンダの乗った車』梅原『パンダを乗せた車』(←「微妙に表現が変わりましたね笑」って言ってた)ミニカーに対して執拗に「それチョロQ?」と訊く鳥海さん。山下くんの転がした車は段差にぶつかって事故る。裕一郎さんがみごと4本倒す。シャボン玉は。。。。いろいろ無理がある。
・3投目。山下『カボチャ』濱野『ミニカー(赤)』鳥海『カボチャ』梅原『折り紙』赤い車に縁がある濱野くんが3本倒す。コツが掴めてきたのか山下くんも7本倒す。カボチャはおままごとのカボチャで2つに割れる小さなやつ。またもチョロQか確認する鳥海さん。毎回山下くんと鳥海さんの引く紙が同じなので若干ざわつく。鳥海さんが3本倒す。裕一郎さんはリベンジするために4枚重ねにするもまたも敗れる。
・4投目。最後なので倒した本数が2倍になることに。山下『空気入れ』濱野『ミニカー(赤)』山下くんがなんと空気入れで6本倒す。濱野くんは0本だったので梅原「0×2は0ですね笑」相当いじわるでよかった。ポイント的に先に鳥海さんがやっちゃうと面白くないということで紙を引く裕一郎さん。サッカーボール出ないかなーとみんな言っていたところで引いたのがサッカーボール! さすが「持ってる」男……絶対(的)梅原裕一郎だなー(これ書くのに正しい表記いちいち調べちゃったよ、、、)。鳥海「転がす? 蹴る?」梅原「、、蹴ります!」鳥海「あいつのケツだと思って、、」ってかっこよく蹴ったはいいもの全然違うほうに飛んでっちゃってかっこ悪かったですね、、山下くんと濱野くんに「かっこ悪いとこ見つけた!」って言われててかわいかった。。
・鳥海さんは『折り紙』梅原「もはやぐちゃぐちゃにして投げたほうがいいんじゃないかっていう笑」鳥海「……!! いや、やりませんよ。それはこの前やったので」かなり気合いを入れて折っているのでそのあいだボウリングの話をする3人。山下「ボウリングとか行きます?」梅原「僕は全然ないですね。小学校のとき1回行ったきり」山下「アベレージとか……」梅原「いやアベレージもくそもないよ笑 1回しか行ってないから」山下「じゃあ一緒に行こうよ! とか言って全然へたくそだったらおもしろいけど」梅原「いやー全然へたくそだと思うよ笑」か、か、かわいい!!!!!!!!! ていうかこれはオレモーってやつじゃないか!!!!!!(訳:わたしもボウリング小学校のとき1度行ったきりなのです) 濱野「僕はダーツを……」梅原「ダーツやるの?」濱野「でもすごいへたくそだけど」折り紙を折りながらも地声でボウリングは飲んだ後にみんなで行くもんだとか会話に参加する鳥海さん。やっとのことで完成した力作の紙飛行機(先端をシャボン玉の液で濡らしたりしてた)はみごと1本倒してすごかった。山下くんが「もう100点あげたい」って言ってたのだけど結局優勝したのは山下くんだったので、鳥海さんリクエストのうまい棒何百本?かの詰め合わせ袋をゲットしてました。重そうだった。
・ポスターをプレゼントするために4人が1人ずつ代表になって順番にじゃんけんをしてたんだけど、6人くらい残ったところでうっかり全滅させてしまう裕一郎さん。かわいい。でも濱野くんも同じことやってからかわれる笑


なんかこうやって書くと濱野くんの発言が少ないような気もするけど、やっぱり少し緊張してたのかも。みんな同じ事務所ってことでいい意味でリラックスしてて、終始仲良くアットホームな雰囲気でした。昨日も思ったのですが、裕一郎さんは最初の印象よりもずっとひと懐っこい面が表に出るようになってきたなーと思います。。単純にきょうはいつもよりも笑顔が多かったなーと思うし、ふとしたときにちょっと言葉遣いが汚くなったりとかひとをからかうような素振りだったりとか、とくに濱野くんと山下くんは年も近いし気を許してるんだなーと思う感じが強くあってよかったです。し、おたくにたいしても最後はけるときに手を振りながら歩いていって、はけぎわにもう一度手を振ったりとか、、良くも悪くもおたくのあしらいに慣れてきたんだなって感じがしますね。。
とりあえずひとことでいうとほんと笑顔がとてもかわいかった。あと着てるシャツの襟が立ってるのがかわいかった。次は2週間後だ*\(^o^)/*