読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kis-My-Ft2『Kis-My-WORLD』@福岡ヤフオク!ドーム(9/13)

kmf2 expedition

福岡たのしかったよーーー

  • あなふゅーで腰のとこのひらひらがまくれ上がっちゃって、あーどうすんだろと思ってたら暗転したときにこっそり直してた笑
  • 君にあえるからがドンピの席で(狙って入ってんだけど)もーーーーーーーー思わず声出たかっこよすぎて美しすぎて。サビの振りが終わったあとまるで振りの一部かのように笑顔になって手を振るとこがほんっと好き♡
  • しぇいくばでぃーやっと正面から見られたけどかっこよすぎる、、速くなるとこ完璧に踊れてるのに途中で自分から止めちゃうからもったいない
  • しぇいくばでぃー「速すぎるから……」らきせは12日と同じ。
  • さまらばで外周飛び降りて(この飛び降りる動きもいつもさまになってて好き)カメラマンとか宮田を狙い撃ちしててかわいかった♡
  • MC

・いきなりドッキリを喰らう千賀くん。北山「液体のにおいなのか千賀のにおいなのかわかんない」
・流れで自分も謎の液体を飲まされる宏光。そして思いっきり出すw 北山「テレビだったら怒られてるやつ」にか「ドッキリっていいよね。そのひとの素が見れるじゃん」
・宮田「いますっごい野太い声で『みっくんー!!!』って聞こえた」北山「いまの断末魔かな」
・北山「ちょっともう一回きいてみよ。男ー!!」にか「いま男のひとに訊いたのに女で答えたひとは目立ちたがりやだね」宮田「気をつけたほうがいいよ、友達減るから」
・宮田「おれ同窓会とか行っても友達固定のやつしかいない。はしっこのほうでつるんでる。陰キャラって言われるやつ」北山「それ友達に失礼だろ」にか「それに陰キャラのひとがお客さんにいたらかわいそう」(←なんだこの発言……笑)宮田「みんなは光だよ♡」北山「1割キャーって言ってて、9割のひとは心にもないことを……って思ってるよ」
・横尾「みんなが光です。そしてその光でぼくたちは光ってる」北山「はい今日の横尾さんでしたあー。ありがとうございましたー」
・北山「玉森は汗かかないよね」玉森「汗かかないじゃない。かきたくないの」北山「だって玉森むかしローラー滑ってるとき前髪すっごい意識してたもん」玉森「それがいまじゃびちょびちょですよ」
・北山「藤ヶ谷さんは? 髪の毛乱れてないですよね」藤ヶ谷「乱れてるよ。……たかしどう?」にか「乱れてないよ(言いながらタオルで髪の毛を拭く)」宮田「たかしやばいくらい乱れてるな!」
・藤ヶ谷「おれたかしって呼ぶの最近お気に入り」にか「たかしって呼ぶのお母さんくらい」宮田「二階堂のお母さん『たか』って言うじゃん」にか「ばらすなよ!!」藤ヶ谷「二階堂のお母さんめっちゃ優しいから。冷蔵庫に現場までの乗り換えとか運賃とか貼ってあげてるの。NHKホールまでいくらとか日比谷までいくらとか」
・にか「みんなは家でなんて呼ばれてる?」藤ヶ谷「みや?」宮田「いや親にみやって呼ばれてたらおかしいだろ笑 おれは小さいころから安定の『としくん』。でもファンの子にとしくんって呼ばれると恥ずかしくなる」北山「いまこそネット使えよ!」宮田「いやいや5年やってきて途中であだ名変わると戸惑うから」横尾「おれ変わってんだぞ」みんな「師匠!!」
・北山「え、横尾さんは? なんて呼ばれてんの?」横尾「おれ『三男坊』。(ざわつく会場)長男次男いて犬いっぱいいるから」北山「え、おい三男坊ーって呼ばれてんの?」横尾「そう。親父は『末っ子』って言うし。長男いて次男いて犬もいっぱいいるからそこまでたどり着かない。名前言おうとしても犬の名前とか出てきちゃうから」
・千賀「おれけんと。それかアンタ。『アンター今日ぶさいくよかったがー』(名古屋弁)みたいな」どうでもいいけど、この名古屋弁めっちゃネイティヴ(当たり前)で高まった
・北山「親にみっくんって言われたらエルボーするわ」
・玉森「おれはゆう」宮田「ジャニーさんと一緒じゃん」玉森「英語表記じゃねーから。『ゆう』か『ぼっちゃん』て呼ばれてる。なんかねー友達みたいな関係なのよ」
・藤ヶ谷「おれもたい。3人いるから『輔』じゃないところをぽんぽんぽんって」
・北山「横尾さん。あなたずっとペットの王国ワンダーランドって言ってますけど、わたくし調べました。正しくはペットの王国『わんだらんど』です」横尾「やばい。これ間違えたら次呼ばれない」北山「いまこそ噛んでたってことにしよう」横尾「滑舌悪くて言えなかったってことにしとこ」
・横尾「母親は『あんた出れてよかったねー』って」宮田「千賀さんのお母さんじゃないよね!?」横尾「あとわんだふぉーはなんで実家の犬じゃないのかって怒られた」
・ドリボの話。北山「いまは? どんな感じ?」玉森「いま福岡にいる」北山「ドリボの話だよ!」
・千賀「玉森の役が優馬で、おれの役が風磨で、宮田の役がマリウス」宮田「おれマリウスと12こ離れてる。それで同じ役!?って」
・4人がはけて新曲の話。玉森「くわしいことはネットで」藤ヶ谷「ジャニーズネットね」これいつもにかが言ってるやつでちょっと高まった
・調子が悪いのかイヤモニをふーふーするたま。玉森「やったわ」藤ヶ谷「玉森裕太やったな」大丈夫だったのかしらん
・映画出たいなーってくだりで玉森「で、でも……み、みっくんもドラマやるじゃん」(たどたどしい)
・誰が煽りやる?ってなって、勝手にはけようとするたまがやと取り残される宏光。北山「このカゴ2つあるから持てないぞ……?」藤ヶ谷「ちょーっとまったー!! おれが持って帰ろう」
・北山「たまはなんで出てこなかったの」玉森「ふたりの邪魔しないように見てた」藤ヶ谷「ふだんボケない2人がボケたから裏でどうしよどうしよってなってた笑」
・また取り残される宏光。藤ヶ谷「ちょーっとまったー」玉森「出ないとやんないといけないじゃん……」北山「たまちゃん煽りやってよ」玉森「あのひとしつこい。おれはやらないって言ったらやらないの」藤ヶ谷「だって聞きたくないみんな? たまの気合いだ気合いだ気合いだみたいなの」
・結局根負けして「気合いだ気合いだ気合いだ気合いだ、おー!」みたいなのやらされるおたまちかわいい

・北山「1、2、3、ちゅどーん!」横尾「♪もしもしよこさん、よこさんよ〜」玉森「(あごに親指と人差し指を当ててキメポーズ)」千賀「どうもー、妖精のなかの妖精、妖精でーす」(?)藤ヶ谷「ゲッツ!」にか「おれ福岡大学出身なんだぜ」宮田「国立? 公立?」
・そこ九州大学じゃないんだね
・このゲッツがすべての始まりだったとは
・お題『カバンを開けてみたらうそぉ!となるものが入ってた。さてなにが入ってた?』
・北山「傷だらけの出川哲朗
・藤ヶ谷「きゃりーぱみゅぱみゅ」からの罰ゲーム喰らって「ゲッツ!」横尾「それめっちゃやりてーおれ」
・千賀「もーだれだよおれのカバンのなかにデンモク入れたの!」からのゲッツ
・お題『彼女とのはじめてのキス、ときめくセリフをつけて』
・にか「おまえのはじめての唇……奪うぜ……」宮田「怖がってるひといるから」
・にかがゲッツするんだけど親指だけしか立ってなくて雑w 藤ヶ谷「いまのはやいよ、風船の煙消えてからやらないと」にか「すみません」厳しいたいぴ
・横尾「あのさ、おれと……♪キスをしようーーーーーーーー(超絶音痴)」からのゲッツ
・玉森「本気のチューってどんな味? おれはコーヒーゼリーの味がするぜ」
・千賀「これなら♪キスをしよう〜のがよかった」宮田「たまちゃんのキスはコーヒーゼリーの味がするってカミングアウトしてくれたから」藤ヶ谷「えでもゲッツしたかったでしょ? ゲッツ寄りに寄せたでしょ?」
・あらためて罰ゲームすることに。玉森「ゲッツアンドターンアンドリバース(華麗に)」よく覚えてたな……笑 藤ヶ谷「黄色い服着てたから回ったとき本人かなって」玉森「ちがうわ妖精だわ」

  • ドキドキでイェーのセリフ、藤ヶ谷「どうした? そんな顔して……ゲッツ」玉森「そうそう、その笑顔……ゲッツ」もーーくだらないんだけどくそ笑った
  • コーリングで玉森くんが横花に立っててその下のところをうろちょろするにかっていう謎のにかたま? があったのだけど詳細はよくわからない笑

ヤフオクドームコンパクトで見やすかったーなにより小さいから外周がまっすぐなのが……神……! あと規制退場がまったく意味ないのも神……!(スタンド席のお客様ご退場くださいーって言われる笑) そしてメンバーが藤ヶ谷さん筆頭にみんなあほあほテンションでこっちも楽しかったのでしたー。いやていうかもうとにかく君にあえるからが君にあえるからがっ、、、、(遺言) 歩くのは嫌いじゃないのでドームまでの距離もわたしはそんなに気にならないかな。遠いけど、、、飛行機デビューできたことだし来年も博多行きたいなーそして札幌! 来年こそ行きたいなーお金貯めなきゃ、、、