読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京女子流『TOKYO GIRLS' STYLE × GIRLS BAND ~赤坂屋内音楽堂~』@赤坂BLITZ

最後に女子流を見たのがステラボールで、それから2016年のまる一年まったく女子流を見なかったのだけど。あの地獄のような凍てつくステラボールがまるで嘘だったかのように楽しくて、4人の女子流にもほとんど違和感を覚えなくて、それだけの時間が、客席にもステージの上にも流れたのだなあと思った。いつだって、「音楽の楽しさを歌って踊って伝えて」くれたのは女子流だったのだなあ、とあらためて思ったけど、それにしては新曲はあまりに易きに流れているような気がするというか、これほんとうに女子流の曲?とつい言ってしまいそうなくらい凡曲オブ凡曲で、なんか、、、4人の「もう一度武道館でやりたい、野音でやりたい」という言葉にはとても重みがあって(それはつまり、いままでの武道館や野音は内容にかかわらずどうしても『大人の力で立たせてもらった』ステージだということになってしまうのだけれど)、そこにもう一度立つ女子流をあたしも見たいと心から思うステージだったけど、同時にいまではあまりに遠い遠いそこまでの距離を痛感してしまって、なんだか言いようのない苦しさもあって。そもそも席ありの赤ブリを「大きい箱」と言ってしまう現状を考えるとね……。
アンコールが用意されずに終わったのは、予定調和ではない理想的な形だなと思って好感が持てたし、それにたいして客席が帰らずに拍手をし続けて、4人がそれに応えてもう一度出てきて長い挨拶をそれぞれしたのも美しいなと思った。ひーちゃんはほんとうにものすごい、、前からもちろんそれはそうだったんだけど、もはや一人だけ飛び抜けてしまっているなとあらためて感じた。本来なら、もっともっと世界に知られてしかるべきひとなのだけど、、、ああ。
とにかく開演前の杞憂が嘘だったかのような楽しいステージでした。それがいろいろなものを失った結果だったとしても。やっぱりどんなグループを見ても心によぎるというか、自分の基準はいつも女子流におかれていたのだな、ということを感じたし、ひさしぶりに気心知れた友人たちと連番するのもホームグラウンド感があって、また年に何度かは定期的に女子流を見に行きたいなと思いました。おわり。